調べる

野菜

品種カタログ

戻る

オクラ
アーリーファイブ
アーリーファイブ

極早生で収量性にすぐれる秀品率の高い5角莢種!

特長

●初期から高い収量性の極早生種
本種は主枝の低節位から多く着莢し、収穫初期から多収を望める。また、耐暑性が強くてスタミナがあることから、栽培後半まで収量を維持できる。

●ハウス栽培にも有利
草丈は中低で節間長は中短、葉の大きさは中小と比較的コンパクトな草姿であることから、トンネル栽培や露地栽培はもちろん、ハウス栽培も容易。

●商品性の高い莢
莢形は稜角がはっきりした5角形で、
莢色は濃緑で色つやにすぐれる。莢の曲がりも少ないことから、高い市場性を備える。

●やわらかな肉質
適期収穫莢は、莢の肉質がやわらかく、食味がよい。

栽培の要点

●播種
直播の場合は、遅霜の心配がなくな
ってから播種する。1カ所に4〜5粒まきし、2〜3cmに覆土する。

●移植栽培
播種時に圃場の地温が十分に確保できない場合は育苗を行う。9cmポリ鉢に4〜5粒まきし、1cm程度の覆土を行う。地温25〜30℃程度で管理して発芽をそろえる。本葉3枚程度の時に、根を切らないように注意しながら圃場に定植する。

●肥培管理
あらかじめ、堆肥を十分に施して深耕し、保水性や排水性のよい土づくりを行う。
追肥は1〜2果収穫したころから始め、肥料切れしないように注意する。

●水分管理
生育初期の過湿は、生育不良や立枯れを起こしやすく、逆に、極度の乾燥は芯止まりなどが発生しやすくなることから、適湿を保つよう管理する。
また、開花・着莢期以降は適宜潅水を行い、草勢の維持に努める。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。