調べる

野菜

品種カタログ

戻る

摘みとりシュンギク
きわめ中葉春菊
キワメチュウバシュンギク

低温伸長性にすぐれ側枝の発生が多い!

特長

●耐寒性にすぐれ、濃緑で良質な中葉の摘みとり種。
●低温伸長性にすぐれ、側枝の発生が多く、栽培容易。
●草姿は立性で摘みとりやすく、葉はやわらかくて香りが高い。
●根つきのまま出荷する「抜きとり」も可能。

栽培の要点

●均一な土づくりと適度な潅水で、一斉発芽を心掛ける。
●条間20〜25cmで条まきし、本葉5枚までに株間15〜20cm間隔とする。
●肥料は元肥主体とするが、摘みとり栽培では収穫の度に追肥を行う。
●春まきは抽苔するので、早めに収穫する。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。