調べる

野菜

品種カタログ

戻る

スイカ
夏武輝
カブキ

秀品出荷率抜群! 良質で高糖度の大玉種!

特長

●果形は高球形、果面は凹凸がなくスムーズで、果ぞろいがよく、空洞果が少ないため秀品出荷率が高い。
●着果・肥大性にすぐれ、1株2果どり栽培の場合でも、確実に2果とも肥大する。
●肉質は多汁質でシャリが強く、糖度は12〜13度と高く安定するため食味がよい。果肉は濃い桃紅色で色むらがなく、皮と果肉の境がはっきりしている。
●低温少日照下でも葯が裂開しやすく、花粉量が多いことから、着果が安定する。
●縞はやや細く、地色は鮮緑色。平均果重は6〜8kgの大玉で、低温期でもよく肥大する。成熟に必要な積算温度は約1,000℃の中早生種。
●草姿は節間がやや詰まり、草勢は強く、後半のつるもちがよい。

栽培の要点

●強勢台木の使用は避ける
草勢が強い品種なので、強勢台木の使用は避ける。使用台木としては、「FRきずな」など草勢が中程度で安定するカンピョウ台木が適する。
●しまった苗を作る
育苗中は、採光と換気を十分に行い、徒長のない健苗に仕上げる。特に育苗後半は、あまり夜温を高くしないで、しまった苗作りを心掛ける。
●雌花の順調な分化を図る
雌花を順調に分化させるためには、親づる摘芯後から子づるを仕立てるまでの間、あまり蒸し込みを行わず、栄養生長ぎみにならないようにする。
●追肥は草勢に応じて
着果後は極端に草勢が落ちることはなく、追肥は草勢に応じて行う。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。