調べる

野菜

品種カタログ

戻る

トマト
桃太郎ヨーク
モモタロウヨーク

栽培容易で、肥大のよい抑制栽培用完熟トマト!

特長

●ハウス抑制栽培での吸肥力が安定して作りやすく、異常主茎の発生も少ない。
●果形は腰高豊円で果肉がかたい。
●低段からの肥大がよく、果重は220〜230g程度の大玉となる。低段密植栽培にもおすすめ。
●花質と花もちがよく、高温着果性にすぐれる。
●チャック・変形果の発生は少なく、秀品率が高い。
●トマトモザイクウイルス(Tm-2a型)、萎凋病レース1(F1)およびレース2(F2)、根腐萎凋病(J3)、半身萎凋病(V)、葉かび病(Cf4)、斑点病(LS)、サツマイモネコブ線虫(N)に複合耐病虫性。

栽培の要点

●抑制栽培では、本葉5〜6枚の若苗定植を基本とする。
●追肥重点型の肥培管理を行う。
●果実の肥大がよいので1〜2段果房は3〜4果に摘果する。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。