調べる

野菜

品種カタログ

戻る

トウガン
姫とうがん
ヒメトウガン

着果性にすぐれ、果ぞろいもよい!新タイプのミニトウガン!

特長

●ミニの果形
果形は俵型で果重の平均は1.5kg程度のミニタイプ。果肉色は白色でやわらかく肉厚。果皮色は濃緑で均一、ブルームの発生が極めて少ない。
●すぐれた着果と秀品性
雌花は安定して発生し、着果性にもすぐれ、果実の大きさがそろいやすい。果形の乱れも少なく、秀品率が高い。
●栽培容易
草勢はやや強めでスタミナがあり、耐暑性にすぐれ、着果率が高いため栽培しやすい。高温性植物のため、耐寒性はなく、冷涼地は夏季のみ栽培が可能。

栽培の要点

●高めの温度確保
発芽までは地温25℃以上と、適度な水分を必要とする。高温性植物のため、17〜30℃付近が生育適温となる。栽培期間中に気温15℃以下の環境が続くと生育が著しく低下するため、早まきには注意する。
●根張りのよい株作り
本品種は一般的なトンネル・露地栽培を基本とする。定植時は地温を18℃以上確保し、活着後、潅水量を控えめにして、根張りのよい株に仕上げる。
●整枝と交配
整枝法は子づる4本仕立てとし、各つる2果を目標に着果させる。訪花昆虫を利用した自然交配も可能だが、確実に着果させるためには、ハチの利用か手交配による人工受粉を行う。
●追肥と収穫
追肥は着果肥大開始期より液肥で行い、以降草勢に応じ液肥にて行う。交配後約25〜30日で収穫が可能となる。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。