調べる

野菜

品種カタログ

戻る

リーフレタス
マザーレッド
マザーレッド

赤色の着色が安定したパリッとした食感のリーフレタス!

特長

●すぐれた食感
葉に厚みがあり、パリッとした食感で歯触りがよい。苦みは少なく、甘みがあっておいしく、日もちもよい。
●赤色の着色が安定
葉先は濃赤褐色で適度なフリルがあり、中心部は淡緑色で見栄えがよい。高温期の栽培でも赤色の着色が安定する。
●葉サイズがそろい料理に使いやすい
外葉と内側の葉の大きさに差が少なく、適度なサイズによくそろい、サラダをはじめ幅広い料理に使いやすい。
●晩抽性にすぐれる
晩抽性は「晩抽レッドファイヤー」並みで、耐暑性も強いので、幅広い作型で使える。

栽培の要点

●元肥主体でスムーズな生育を促す
玉レタスに比べ生育期間が短く、全般を通じてスムーズに生育させることが大切。施肥は元肥主体で若苗を定植し、土壌水分は適湿を保つように管理する。
●石灰欠乏症に注意
一般にリーフレタスでは、高温期の栽培において葉先が枯れる石灰欠乏症(チップバーン症)が発生しやすいため、極端な過乾湿や多肥栽培、収穫遅れに注意する。予防にはカルシウム液肥の葉面散布などが効果的。
●低温期の栽培は被覆栽培
低温期の栽培ではハウスかトンネルを用いた被覆栽培を行う。蒸し込み過ぎにならないよう、換気管理に注意し、日中は25℃以下に保つ。
●収穫は速やかに
過熟になると色があせたり、食味が落ちるなど品質が低下するため、若どり〜適期での速やかな収穫を心掛ける。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。