調べる

野菜

品種カタログ

戻る

ホウレンソウ
牛若丸
ウシワカマル

株張りのよい秋冬どり多収種!

特長

●べと病レース1〜10、15抵抗性の秋冬どり種
べと病レース1〜10、15に抵抗性をもつ赤根の濃緑秋冬どりタイプ。特に中間・暖地の12〜3月どりに適する。

●株張りのよい多収種
葉は肉厚の大葉で、葉先が丸くボリュームがある。葉柄は太く株張りがよいため、収量性にすぐれる。

●在圃性にすぐれる
葉柄が間伸びしにくく、温暖期でも葉身と葉柄のバランスがよいため、秋から春の幅広い作型で栽培できる。収穫期間も比較的長く、圃場での出荷調整が可能。

●収穫・調製作業がはかどる
葉柄は太くなるものの、しなやかで折れにくく、収穫・調製作業が容易。

栽培の要点

●発芽をそろえる
発芽するまでは適宜潅水を行い、乾燥や過湿を避け、適湿な土壌条件を保つ。特に地温が低くなる秋冬まきでは、播種後にビニールトンネルや不織布のベタがけなどで地温を確保し、生育を促進する。

●厳寒期の生育促進
厳寒期の生育がややじっくりしているため、トンネルや不織布などの被覆資材を活用し、生育を促進することが望ましい。

●べと病対策
ホウレンソウのべと病は、レース分化が起こりやすく、べと病抵抗性品種といえども、登録農薬による早期防除を心掛け、総合的なべと病対策を行う。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。