調べる

野菜

品種カタログ

戻る

キャベツ
涼峰
スズミネ

黒腐病に強い寒玉系中早生種!そろい性にすぐれ、倒伏しにくい!

特長

●冷涼地の夏どりに最適
適期栽培では定植後75日程度で収穫期に達する中早生種。冷涼地の7〜8月出荷に最も適する。

●収穫・箱詰め作業が容易
玉のそろいがよく、茎もやわらかく切りやすいので、収穫作業が容易。また、甲高球が発生しやすい上昇気温下の栽培でも、玉の形状が扁円形に安定するため、箱詰めも容易。

●倒伏しにくく多収
生育後半まで根張りが持続するので、株が倒伏しにくい。そのため玉尻から腐敗の発生が少なく収量が上がる。

●黒腐病に強い耐病性
キャベツの重要病害である黒腐病に対し、高度な耐病性を示す。萎黄病、バーティシリウム萎凋病にも耐病性。

栽培の要点

●適期収穫を心掛ける
本種が収穫される初夏〜夏どりの作型は、生育が進みやすく過熟になりやすいので、適期収穫が大切。

●肥培管理
肥効の抜けやすい圃場での作付は避け、元肥主体の肥培管理を行い、初期生育を促進する。また、早めの追肥で、生育後半まで安定した肥効を保つ。追肥が遅れ収穫期に肥効が強まると裂球を招く恐れがある。

●栽植密度
本種はそろい性にすぐれるが、高温期の栽培であるため、極端な密植栽培を避け、適切な条間・株間で栽培する。

●病害の防除
本種は茎が短いため、特に菌核病、株腐病に対しては十分な防除を行う。また、黒腐病に対しても完全な抵抗性ではないのでベと病、根こぶ病と共に適切な防除が必要。

適作型

標準栽培適期表 ※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。


※時期によってはネット通販に取り扱いのない場合があります。