調べる

病害情報

戻る

ダリア(キク科) 監修・イラスト原図:駒田 旦

モザイク病
 葉に緑色濃淡のモザイクと葉脈に沿って帯状に退色したり、濃緑になったり、葉身の奇形などが現れる。生育不良。
輪紋病
 全身に発症する。特に葉に淡黄緑色、褐色、黒褐色の鮮明な輪紋斑を生じる。花梗に縦に生じた黒褐色の壊死斑が亀裂となる。
青枯病
 茎、葉、根、貯蔵根など全身の維管束が黒褐変し、切り口から汚白色の細菌泥が噴出する。地上部は急速に萎凋、枯死する。
軟腐細菌病
 茎の地際部が暗緑色、水浸状を呈して急激に黒変軟化し、茎葉は生気をなくして地面に葡伏して腐敗する。猛烈な腐敗臭を発する。
暗紋病
 葉身あるいは葉縁に、不整円形暗緑色で輪紋を伴う大型斑点。斑点上に黒色小粒点形成。
白絹病
 茎の地際部に暗褐色水浸状の斑紋が生じ、茎の内部まで腐敗して地上部は萎凋、枯死する。罹患部表面に白色綿毛状の菌糸がまとわり、淡褐色球状の菌核を形成する。
苗立枯病
 茎の地際部が褐変あるいは黒褐変してくびれたり、軟化、腐敗して枯死に至る。
灰色かび病
 葉や花弁に水浸状褐色斑点、拡大して暗褐色になり軟化腐敗。灰色のかびを生じホコリのように胞子が飛散。
花枯病
 花冠の周縁の花弁先端に生じた淡褐色円形の斑点が多数発生し、拡大して花冠全体に及ぶと、腐敗花弁が垂下して焼けただれたようになる。