調べる

病害情報

戻る

ガーベラ(キク科) 監修・イラスト原図:駒田 旦

疫病
 茎の地際部から根にかけて褐変して軟化、腐敗し、地上部は萎凋、枯死する。
炭疽病
 葉、葉柄、花梗に発生。葉に発生した水浸状斑点が拡大して、暗紫色〜黒褐色で周縁が不明瞭な円形の黒褐色の大型斑点となる。
半身萎凋病
 下葉から順に葉の片側、株の片側が紫黄色に変色。根冠部の維管束が褐変、生育は次第に衰え、ついには枯死する。
斑点病
 葉に発生。紫褐色〜茶褐色の小斑点が同心円状に拡大して、円形〜不整形の大型斑点を形成する。