調べる

病害情報

戻る

カンナ(カンナ科) 監修・イラスト原図:駒田 旦

黄色斑紋病
 全身に症状が表れる。葉脈が黄化し、えそ条斑をともなう黄色斑紋を生じ、株は萎縮する。花苞にもえそ斑を生じて多くは不開花。
モザイク病
 全身に症状が表れる。葉には葉脈に沿って葉緑の濃淡のモザイクを生じる。奇形や葉が巻いたり、花冠の小型化、成育不良が起きる。
茎腐病
 地際部の葉鞘が黒褐変し、水浸状を呈して凹陥し、腐敗する。それにともない上部の葉も褐変枯死する。