調べる

病害情報

戻る

カンパニュラ(キキョウ科) 監修・イラスト原図:駒田 旦

菌核病
 地際近くの茎が暗緑色に変色。白色のかびが生え軟化腐敗し、ネズミの糞様の黒い菌核を形成する。
白絹病
 下葉から黄化褐変し、ついには株全体が枯死する。枯死株の周囲の地表に白色のかびが生え、褐色粟粒状の菌核を形成。
根腐病
 地際部の茎葉や根が褐変腐敗する。上部の葉は黄化萎凋し、枯死に至る。
斑点病
 葉のちに茎にも褐色から黒褐色円形斑点、のち周縁淡褐色中心黒褐色不整形に。病斑上に黒色小粒点。