調べる

病害情報

戻る

キク(キク科) 監修・イラスト原図:駒田 旦

青枯病
 晴天の日中に茎葉がしおれ、やがて回復せず立ち枯れる。根は腐敗。維管束は褐変し切り口から白い膿汁を噴出。
根頭がんしゅ病
 地際の茎や根に表面が粗雑な大小のこぶが形成される。病勢が激しいと、地上部の発育は阻害されるが枯れることは少ない。
軟腐病
 茎の地際部が侵される。表皮は黒褐変し、維管束など内部組織も腐敗する。病勢が激しいと、茎葉は萎凋し枯死する。
萎凋病
 茎葉が黄化萎凋し、根も褐変腐敗して枯死に至る。茎、葉、根の維管束が褐変する。
うどんこ病
 葉、激発時には茎にも、白粉状円形の菌叢が現れる。次第に葉全体が覆われ、葉色は黄変して生育不良となる。
疫病
 茎の地際部に暗褐色水浸状斑点。急速に上方へ進展。葉は暗褐変し軟化、腐敗、根も褐変腐敗。
褐さび病
 葉の表面に、淡黄から橙黄褐色の微細な斑点。のち黄褐色の粉状物を噴出し水疱状になる。
褐斑病
 葉に発生。褐色の小斑点が拡大し、円形〜不整形、黄褐色〜褐色の斑点になる。しばしば黒斑病と混発し、区別は困難。
菌核病
 地際の茎に発生。下葉が黄化萎凋し、褐変、枯死する。茎の内部に白色菌糸とねずみ糞様の黒色の菌核を形成。
茎枯病
 地際部の葉や芽が生気をなくして黒褐変して腐敗する。病勢が進むと病変は茎に達して、ついには枯死に至る。
黒さび病
 葉、茎、がくに発生。黄褐色〜褐色の小斑点の裏面が隆起し、中央の表皮が破れて、夏季には褐色(秋季には黒色が混じる)の粉状物を噴出する。
黒点病
 葉に発生した円形ないし楕円形、周縁紫褐色の斑点が拡大して、中央部が灰白色の輪紋状になる。のち中央部に黒点を生じる。
黒斑病
 葉に発生。褐色の小斑点が拡大し、円形〜不整形、黄褐色〜褐色の斑点になる。しばしば褐斑病と混発し、区別は困難。
白絹病
 地際の茎と葉が褐色に変色し、水浸状に腐敗する。罹患部の表面に白色綿毛状の菌糸がまとわりつき、淡黄褐色でけし粒状の菌核を形成する。
白さび病
 葉、茎、がくに発生。乳白色の小斑点が拡大して淡黄褐色円形斑点になり、裏面に淡褐色で隆起した菌体を形成する。

立枯病
 茎の地際部が褐変、腐敗する。茎葉が晴天の日中萎凋して生育は不良となり、下葉から枯れ上がる。罹患部の周辺に褐色の菌糸がみられる。
灰色かび病
 葉、茎、花に発生。葉では葉縁や花の残がいの落下部に生じた暗緑色水浸状大型斑点が急速に拡大、褐変して枯死する。表面に灰褐色の菌糸を生成。胞子をほこり状に飛散する。
花枯病
 花に発生。外側の花弁の縁に生じた淡褐色斑点が拡大し、徐々に内側の花弁におよび、ついには花全体が枯れる。
花腐病
 花に発生。花弁の基部が褐色に腐敗し、しばしば花が奇形になる。蕾のうちに発症すると開花せずに枯死する。
半身萎凋病
 下葉の半分が黄化、萎凋し(落葉はしない)、徐々に上部へ、さらに株の半身へと症状が進む。茎の維管束は褐変する。
斑点病
 葉や花蕾に、暗緑色の小斑点、のち拡大して小黒粒点を形成。病葉は黄化、萎凋枯死。蕾も枯死。
変形菌病
 多湿条件下で全身に淡褐色粘質物が付着。のち黒色で表面灰白色塊状の変形体になって全体が覆われる。
葉枯線虫病
 下葉に現れた黄色斑が葉脈で角型に区切られた黄褐色斑となる。斑点は褐変して上位葉へと拡がり、被害葉は垂れ下がってついには枯死する。