調べる

病害情報

戻る

ニチニチソウ(キョウチクトウ科) 監修・イラスト原図:駒田 旦

モザイク病
 葉に明瞭なモザイク症状を生じるが、次第には全体が黄化し、えそも生じる。生育が抑制される。
疫病
 葉、地際付近の茎、上位の茎や花梗が緑黒色水浸状に変色しややへこむ。急速に進展し、罹患部の表面に白色のかびを認める。
菌核病
 茎葉に発生。緑褐色の斑点が急速に進展。上部は萎凋、枯死する。罹患部に白色綿毛状の菌叢を生じ、その上に黒色ねずみ糞状の菌核を形成する。
くもの巣かび病
 葉縁から緑褐色水浸状を呈し、急速に拡大する。茎へ進展すると上部は萎凋枯死する。罹患部周辺には微細な黒粒をともなうくもの巣状の菌糸がまん延する。
炭疽病
 初め下葉に健全部との境が明瞭な円形淡褐色斑点。のち周縁が暗褐色、中央部が褐色の不整円形に。穴が開きやすい。
苗立枯病
 茎の地際部に茶褐色の斑点ができ、腐敗してくくれる。下葉から萎凋し、根も褐変腐敗してついには枯死する。
灰色かび病
 葉に周縁が緑褐色、中心部が褐色〜灰褐色の不整形で輪紋をともなう大型斑点を生じる。表面に灰褐色の菌糸を密生し、ほこり状に胞子を飛散させる。