調べる

病害情報

戻る

パンジー・ビオラ(スミレ科) 監修・イラスト原図:駒田 旦

モザイク病
 新葉の葉脈に沿って帯状に退色する。他の部分には緑色濃淡のモザイク斑が現れる。株は極端に萎縮する。
疫病
 地際の茎葉が軟化、腐敗して、ついには株全体が溶けたようになる。罹患部には白色の菌糸がうすく生える。
黒かび病
 葉に周縁が黄褐色、中心部が灰色の類円形斑点を生じ、のち斑点状には黒いすす状のかびを生じる。
そうか病
 各部位に発生。はじめに水浸状小点を散生、のちに円形から不整形で淡褐色から褐色、周縁がやや隆起し中央がくぼんだ斑点に。融合してかさぶた状に。
炭疽病
 葉と花に発生。鮮明な淡黄褐色の円形小斑点で、のちに融合して不整形に拡大。花では奇形を呈する。病株は早期に枯死する。
根腐病
 苗の芯葉が黄白化して立ち枯れる。根は黒褐変、腐敗脱落し、茎葉は萎凋して生育が遅れ、枯死に至る。
灰色かび病
 葉縁から水浸状になり、淡褐変して拡大枯死。花弁に生じた退色小斑点は拡大、褐変腐敗する。病変部には灰色のかびを生じる。
斑点病
 葉に発生。青白色、周縁赤褐色の明瞭な円形斑点を生じる。