調べる

病害情報

戻る

ペチュニア(ナス科) 監修・イラスト原図:駒田 旦

モザイク病
 葉に緑色濃淡のモザイク斑を生じる。葉が細くなったり、花が奇形を呈したりして、生育不良となる。
菌核病
 茎の地際部が褐変腐敗し、白色綿毛状のかびとネズミ糞状の菌核を形成。病変部から先端の茎葉は枯死する。
白かび病
 葉に淡黄色で不明瞭な輪紋を伴う大型斑点を形成。さらに拡大すると葉は乾枯し、株枯れになることもある。
灰色かび病
 葉縁から水浸状になり淡褐変して拡大枯死。花弁に生じた退色小斑点は拡大、褐変腐敗する。病変部には灰色のかびを生じる。
輪紋病
 葉に周縁濃褐色の大型円形褐色斑点。のちに中央は灰褐色となり、明瞭な輪紋と黒色小粒点を形成。