調べる

病害情報

戻る

ポピー類(ケシ科) 監修・イラスト原図:駒田 旦

モザイク病
 葉脈に沿って黄緑色になったり、モザイク状に退緑斑紋が現れる。のち斑紋、さらには葉全体が褐変、枯れ上がり生育不良となる。
萎黄病
 新葉が淡黄色で細くなって叢生、萎縮する。成葉は黄褐色から赤褐色で生育不良となり、ついには枯死する。
菌核病
 茎や葉の一部が、水浸状で緑灰色を呈し、白色綿毛状の菌糸と、黒色ねずみ糞状の菌核を形成する。羅患部より先の茎葉は萎凋、枯死する。
灰色かび病
 地際部付近の茎葉が緑褐色水浸状を呈し、急激に褐変枯死する。罹患部に灰褐色の菌叢を生成し、ほこり状に胞子が飛散する。