調べる

栽培基礎講座

戻る


一般的なポイント 作り方のポイント 1・2年生草花一覧表


1〜2年生草花
ヒマワリ
まく時期:4月上中旬
開花期:7月上〜9月末
花の色:黄金、淡黄色、赤褐色等
用途:切花、花壇、鉢植え
耐寒性:弱い
太陽の花といわれるヒマワリも最近は種類も豊富で、草丈の高い品種から花壇用の矮性種まであり、枝が数多く出る分枝タイプや無用な側枝の出ない一本立ちタイプとさまざまです。花色も黄色のほかに淡黄色、赤色、赤褐色など豊富です。なかでも日長に関係なく、タネまき後約2ヵ月で開花するサンリッチ系は温度さえあれば冬でも花を咲かせる極早生種で、切花が周年出荷されています。

タネまき
4月上・中旬に直まき、または床まきしますが、直まきの方が簡単です。

手入れ
直まきの場合、40〜50cm間隔に2〜3粒ずつまいて、発芽後に生育のよいものを1本残し、その他は間引きます。この場合、最初によく耕して堆肥をすきこみ、化成肥料をやや深めに施しておきます。床まきは、他の草花のまき方に準じますが、生育が旺盛であるから間引きや、植え付けが遅れないように注意します。適地は日当たりのよいことが第一条件で、水はけよく腐植質に富み、肥料を効かせてやればより草勢も強く、花も大きくなります。
開花期は7〜9月、巨大輪ヒマワリは倒伏しやすいから、しっかりした支柱を立ててやること、また大きな花を咲かせるためには蕾を2〜3残し、その他は摘みとってしまいます。
 

品種情報を見る
F1サンリッチシリーズ
(55日タイプ)
F1サンリッチシリーズ
(55日タイプ)
品種カタログへ
F1サマーサンリッチシリーズ
(45日タイプ)
F1サマーサンリッチシリーズ
(45日タイプ)
F1サンリッチシリーズ
(50日タイプ)
F1サンリッチシリーズ
(50日タイプ)
品種カタログへ
ビッグスマイル
ビッグスマイル
F1グッドスマイル
F1グッドスマイル
品種カタログへ
 
 

一覧に戻る