調べる

栽培基礎講座

戻る


一般的なポイント 作り方のポイント 1・2年生草花一覧表


1〜2年生草花
ハボタン
まく時期:7月下〜8月上旬(関西地方標準)
観賞期:11月上旬〜2月
花の色:白、紅色
用途:花壇、鉢植え、切花
耐寒性:強い
ヨーロッパ原産のアブラナ科に属する草花で、耐暑性と耐寒性があり、冬花壇材料として欠かせられないばかりか、花の最も少ない冬の鉢植え、切花としても最適です。他の草花に比べ、花の色は紅、白の2色で種類は少ない。




種類と品種
キャベツに似て葉が丸く軽く波打つ大阪丸葉系、細かく波状にちぢれるちりめん系、葉に切れ込みが入る切葉系、草丈が伸びる高性系それぞれに多数の品種が発売されています。
大阪丸葉系 F1つぐみ F1はと F1たか2号
ちりめん系 F1すずめ F1かもめ F1ちどり
切葉系 F1くじゃく F1さんご F1かんざし
高性系 F1晴姿 F1初夢 F1初紅 F1冬紅 F1バイカラートーチ 瀬戸系

タネまき
タネまきの適期は、関東以西では7月20日〜8月1日がよろしい。特に一代交配種は生育が旺盛なので、早くまき過ぎると、中心部が盛り上がって失敗します。白たかの品種は、特にこのような傾向が顕著に現われるので、8月1日ごろにタネまきするようにしてください。
タネは箱まきとします。深さ7〜10cmの浅箱にゴロ土を入れ、7〜8mmにふるったまき土の表面を平らにし、約4cm間隔にまき溝を作り、これにタネとタネとの間隔が1cmぐらいになるようにします。覆土は細かい砂で、タネがかくれる程度にした後、たっぷり水をやります。
発芽するまでは上にヨシズを覆い、できるだけ涼しくしてやると、2〜3日で発芽しますから、直ちにヨシズを取り除いて徒長させないようにします。

移植
タネまきしてから7〜10日で本葉1.5〜2枚になるので、このころ12cm間隔に植え替えします。苗床で苗立ち枯れ病が出やすいので、排水をよくするとともに、植え替えてからオーソサイド500倍液か、ディクソン水和剤1、000倍液を潅注してやると効果があります。活着するまでの2〜3日は、ヨシズか寒冷しゃで日よけをし、活着後は朝夕の弱光に当て、次第に日光に馴らしてやります。

植え付け期
9月上・中旬ごろに(本葉10〜15枚)35〜40cmの株間に植え付けます。ハボタンは、10月下旬以後までチッソ肥料が効いているようでは、着色が遅くなるから、元肥は少なめにし(1平方メートル当たり化成肥料60gを標準)、生育の状態をみながら適量の追肥をします。

使い方
花壇には着色する11月ごろから植え付けますが、できるだけ根土をつけ、中心部は高く、周りを低くするように配植します。鉢植えにする場合は、11月下旬ごろ着色して形の整った株を選び、7〜10号鉢に紅・白組み合わせて3本を寄せ植えにします。鉢土は、排水のよい土を用い、植え付け後はタップリ水をやり、2〜3日は日陰に置き、冬季は強い寒さの当たらない、日だまりに置いてやると正月に美しい鉢物となります。
 

品種情報を見る
白はと
白はと
品種カタログへ
紅はと
紅はと
白くじゃく
白くじゃく
品種カタログへ
紅くじゃく
紅くじゃく
白さんご
白さんご
品種カタログへ
紅さんご
紅さんご
白すずめ
白すずめ
品種カタログへ
紅すずめ
紅すずめ
白かもめ
白かもめ
品種カタログへ
紅かもめ
紅かもめ
F1つぐみシリーズ
F1つぐみシリーズ
品種カタログへ
改良紅はと
改良紅はと
品種カタログへ
F1ルシールシリーズ
F1ルシールシリーズ
品種カタログへ
F1桃かもめ
F1桃かもめ
品種カタログへ
F1ウインターチェリー
F1ウインターチェリー
品種カタログへ
 
 

一覧に戻る 通販で探す