栽培基礎講座
球根草花の知識 作り方のポイント 球根草花栽培一覧表


球根草花
クロッカス
植えつけ:9〜11月下旬
開花期:3〜4月中旬
花の色:黄、紫、白、絞り
用途:花壇、鉢植え、水栽培
耐寒性:強い
クロッカスの仲間には秋・冬・春咲き種の3系統がありますが、わが国では秋咲き種のサフランが1種あるのみで、クロッカスといえば、春咲き種を指します。原産地は地中海沿岸の草原です。花壇やロックガーデン、芝生の中に自然風に植えたり、鉢やプランター植えに好適です。

適地と植えつけ
土質はあまり選びませんが、砂質壌土で水はけ、日当たりのよい所が最適です。覆土は5cmぐらいです。

手入れ
肥料は芽出しのころと、花後に配合肥料を与えるだけで毎年花が楽しめますが、母球の上に新球ができるので、増し土するか、数年に1度は掘り上げて分球するとよいです。

水栽培など
水栽培は、ヒヤシンスと同じ要領でつくってください。また、水盤などで水苔か砂栽培してもおもしろいです。ネット袋に水苔を丸く、やや堅く詰めて上半分に球根を植えます。口を結んで吊り下げて時々水をやりさえすれば、春には花のボールができ上がります。
 
一覧に戻る