農業・園芸用語集

戻る

アーチ仕立て(アーチしたて) 青刈ダイズ(あおがりだいず)
青枯病(あおがれびょう) 赤玉土(あかだまつち)
秋おち(あきおち) 穴肥(あなごえ)
油粕(あぶらかす) アブラムシ
雨よけ栽培(あめよけさいばい) 荒木田土(あらきだつち)
暗渠排水(あんきょはいすい) アンモニア態窒素(アンモニアたいちっそ)
アーチ仕立て(アーチしたて)

アーチは弓状の門のこと。つまり、その形に植物を仕立てるやり方をいう。つるバラやそのほかのつる性植物を誘引し絡ませる。または、生け垣などを直接刈り込んでアーチ状につくり上げる場合もある。

青刈ダイズ(あおがりだいず)

緑肥とする目的に使用するダイズを青刈ダイズという。マメ科植物なので、空気中の窒素を固定させる利得もある。

青枯病(あおがれびょう)

この病気は土によって伝染し、導管部が侵されて先端からしおれ、ついには枯死する。ナス科の作物が連作できない原因の一つになっている。連作を避け、圃場の排水を図り、被害株は早く抜き取って処分する。

赤玉土(あかだまつち)

有機質を含まない赤土の乾燥したもの。水はけ、通気性が良く、反面水もちも良いので鉢物用として使われる。酸性土。

秋おち

稲作の場合、はじめは健全であるが、時期とともに次第に生育が悪くなり、下葉から枯れる。同時にごま葉枯病の発生も多くなり、収穫時頃には枯死の状態になってしまう。これを秋おちといい、水田の作土から鉄分が溶脱して、作土が老朽化することによって起こる。

穴肥(あなごえ)

追肥を施す方法の一つで、鉄棒などで畦の適当な場所に、深さ12〜15cm程度の穴をあけ肥料を施す。果菜類でよく行う。

油粕(あぶらかす)

油をしぼり取ったあとの粕(かす)を油粕といい、遅効性の肥料として用いられる。何から油をしぼった粕であるかによって、ダイズ油粕、ナタネ油粕、ゴマ油粕などという。

アブラムシ

吸収口で植物の樹液を吸う害虫の一種で、種類がいろいろある。若い茎葉につきやすく、ウイルス病も媒介するので注意が必要。初期の防除が大切。

雨よけ栽培(あめよけさいばい)

トマトやホウレンソウ等の栽培方法の一つで、ビニールハウスで屋根部だけビニールを張ったり、パイプで簡単な雨除けをして栽培管理を行う。病気の発生が少なく、良品多収となる。

荒木田土(あらきだつち)

田土と同じ

暗渠排水(あんきょはいすい)

地中の壕に穴あきパイプ・そだ・もみがらなどを埋め込んだ暗渠を設け、圃地の排水を図ることをいう。

アンモニア態窒素(アンモニアたいちっそ)

窒素(ちっそ・N)は、燐酸(りんさん・P)、加里(かり・K)石灰(せっかい・Ca)とともに、特に重要な肥料成分であるが、これは硝酸態(しょうさんたい)、アンモニア態、有機態(ゆうきたい)の三つに大別される。このうち前の二つは、そのまま植物に吸収されるが、有機態は、微生物の作用でアンモニア態か硝酸態になってから吸収される。