農業・園芸用語集

戻る

地下茎(ちかけい) 遅効性肥料(ちこうせいひりょう)
窒素(ちっそ、N) 着生植物(ちゃくせいしょくぶつ)
着花(果)習性(ちゃっかしゅうせい) 中央卸売市場(ちゅうおうおろしうりしじょう)
中耕(ちゅうこう) 中国野菜(ちゅうごくやさい)
沖積土(ちゅうせきど) 抽苔(ちゅうだい)
頂芽(ちょうが) 長日(性)性植物(ちょうじつ(せい)しょくぶつ)
長日処理(ちょうじつしょり) 直播(ちょくは)
直根(ちょっこん)  
地下茎(ちかけい)

球根のうちの一種で、地下の茎が肥大して球をつくっているもの。たとえば、ジンジャー、カンナなどの球根をいう。竹のように地中に伸びている茎も地下茎という。

遅効性肥料(ちこうせいひりょう)

効き方のおそい肥料をいう。たとえば油粕・魚粕・骨粉などがある。1回にかなり多く施しても害がない。

窒素(ちっそ、N)

植物の肥料成分として、最も重要なものの一つである。 窒素が不足すると作物は小型となり、葉は黄色を帯びて子実の収量も低下する。一方、過多の場合は、葉は濃緑となり軟弱徒長し病虫害を受けやすく成熟も遅れる。植物体の主要な物質を構成する元素である。

着生植物(ちゃくせいしょくぶつ)

樹上や石上に付着して生活する植物の総称。寄生植物とは異なり、養分をその相手からは摂取しない。セッコク、ノキシノブの類。樹上植物。

着花(果)習性(ちゃっかしゅうせい)

枝や蔓に花が着生する状態は、種類や品種に固有の遺伝的な性質であり、この性質を着花習性(着果習性)という。

中央卸売市場(ちゅうおうおろしうりしじょう)

中央卸売市場法に基づいて設立されたもので、東京都、横浜市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市、福岡市などのほか、全国の主要都市に設置されている。荷うけ会社といわれている専門会社が、都・市が提供する用地と建物とを使って、生産地から農産物や水産物を集荷し、委託の形式でこれを仲買人なり小売人に販売する組織体で構成している。

中耕(ちゅうこう)

栽培中、畝の表層が硬くなるため、通気性を良くする目的で浅く耕す作業を中耕という。除草と同時に行うことが多く、この場合、中耕除草という。

中国野菜(ちゅうごくやさい)

中国より導入された野菜で、代表的なものとして、チンゲンサイ(青軸パクチョイ)、タアサイ(搨菜)、ツルムラサキ(蔓紫)、サイシン(菜心)、キンサイ(芹菜)、ベニマルダイコン(紅丸大根)、コウシンダイコン(紅心大根)等がある。

沖積土(ちゅうせきど)

河水が運搬して漸次沈積して生じた沖積平野やデルタあるいは海岸平野の低地に分布する土壌。土壌としては十分に熟成していないため、母材の性質がそのまま土壌の性質を規定する。

抽苔(ちゅうだい)

気温や日長などにより花茎(かけい:花をつけた茎)が伸びだすことを抽苔という。また、とうだちともいう。

頂芽(ちょうが)

茎や枝、幹の最先端にある芽のこと。通常は他の芽よりも優先して早く芽吹き、長い枝をつくる。そのため、丈が高くなり枝が広がる。

長日(性)性植物(ちょうじつ(せい)しょくぶつ)

日照時間、つまり日の出から日没迄の時間が一定時間以上でないと花が咲かない植物。代表的なものにホウレンソウがある。

長日処理(ちょうじつしょり)

植物のなかには昼間の長さが、ある一定の長さより長くなると花芽をつけるものがある。その性質を利用して、夜間に人工照明を行い開花を早めることを、長日処理といい、またこの栽培方法を電照栽培という。

直播(ちょくは)

じかまきともいう。直接畑に種子をまくことをいう。直播栽培はそのまま育てて収穫するやり方で、移植(栽培)(いしょく(さいばい))と対応する方法として使われる。

直根(ちょっこん)

細かく分かれた根が少なく、まっすぐ下に伸びている太く長い根のこと。この根をもつ植物は移植困難。