農業・園芸用語集

戻る

経済品種(けいざいひんしゅ) けい酸肥料(けいさんひりょう)
形成層(けいせいそう) 茎節(けいせつ)
茎頂培養(けいちょうばいよう) 系統分離(けいとうぶんり)
鶏糞(けいふん) 結果枝・結果母枝(けっかし・けっかぼし)
結球(けっきゅう) けと土(けとつち)
下木(げぼく) 顕花植物(けんかしょくぶつ)
嫌気性(けんきせい) 嫌気性細菌(けんきせいさいきん)
嫌光性種子(けんこうせいしゅし) 原種(げんしゅ)
経済品種(けいざいひんしゅ)

品種の中で、営農にとりあげる価値のある品種を経済品種という。

けい酸肥料(けいさんひりょう)

けい酸という成分は、土中に多く含まれているので、普通、肥料として積極的に施用する必要は少ないが、稲のようにけい酸をたくさん要求する作物や、 けい酸分の不足している土地では、施用の効果がある。この場合にはけい酸石灰などをけい酸肥料として用いる。

形成層(けいせいそう)

たいていの樹木の幹、枝、根のすぐ内側にある組織で、新しい細胞をつくり出しているところ。接ぎ木をするときに、穂木と台木が活着するためには、両者の形成層を合わせて接ぐことが大切。若い幹や枝を輪切りにすると、緑色の輪が見える。これは形成層そのものではないが、実際は、その部分を形成層と見なして作業すればよい。竹やヤシには、形成層はない。

茎節(けいせつ)

主にシャコバサボテンやクジャクサボテンの、平らで葉のように見える部位の呼び方。根が出やすいので、挿し芽に利用する。

茎頂培養(けいちょうばいよう)

植物の茎の頂端部(メリステム)を取り出し、無菌的に、無機塩や糖、ある種のホルモン剤を加えて培養し、完全な植物に育てる。無ウイルス植物の育成や、ランの栄養繁殖などに利用される。

系統分離(けいとうぶんり)

作物の種類には多くの品種がある。たとえば、ダイコンは作物として一つの種類であり、みの早生や宮重(みやしげ)等というのは、ダイコンの品種である。品種はとてもよく揃っている場合と、また、品種によっては早く生育するものとそうでないもの、あるいは枝の出やすいものとあまり出ないもの、というようにいろいろの性質について混ざり合っている場合とがある。混ざり合っている品種のうちから、一定の性質のものだけを遺伝的に取り出して、もとの品種と区別できるものに仕上げることを系統分離という。この場合、区別はつくが、その程度がまったく別の品種というほどはっきりしていないときに、それはその品種の中の一つの系統として扱う。

鶏糞(けいふん)

他の家畜糞より成分が濃厚で、窒素、りん酸、加里を含むが含量は飼料の種類によって違う。元肥として使用され、未熟のものは尿酸を多く含み根に障害をおこすので施用後1週間たってから作付ける。

結果枝・結果母枝(けっかし・けっかぼし)

直接花が咲き、実を結ぶ枝を「結果枝」という。花芽があっても直接花をつけず、その花芽から次の枝を伸ばして花を咲かせ結実する場合は、花芽をもつ枝を「結果母枝」という。

結球(けっきゅう)

キャベツやハクサイやレタスは、葉が集まって球をつくる。これを結球という。なお、このような性質を結球性という。

けと土(けとつち)

ケト(化土)とも呼ぶ。ヨシやマコモなどからなる湿地の腐植土で粘りと保水性があり、石付け盆栽用土に欠かせない特殊な土。

下木(げぼく)

木の下などに生えている低木。

顕花植物(けんかしょくぶつ)

花を咲かせる植物の総称。

嫌気性(けんきせい)

好気性(こうきせい)の相対語。

嫌気性細菌(けんきせいさいきん)

土中の微生物には、細菌、放線菌、糸状菌、そう類、原生動物などがある。このうちの細菌には、酸素が多いときによく生育し繁殖するものと、逆に、酸素の少ないときによく生育し繁殖するものとの区別があり、その後者を嫌気性細菌または嫌気性菌という。 なお、前者は好気性細菌(こうきせいさいきん)といわれる。

嫌光性種子(けんこうせいしゅし)

種子の発芽にあたり、太陽光線のあたらない暗黒状態を好む種子をいう。多くのウリ科植物や、ダイコン、葉ゲイトウなど。

原種(げんしゅ)

採種、つまり種子とりのためには、そのもとになる種子が必要である。これを原種という。原種をとるための種子は原々種という。