農業・園芸用語集

戻る

コーティング種子 コールドチェーン
耕運(耘)(こううん) 抗火石(こうかせき)
好気性(こうきせい) 好気性細菌(こうきせいさいきん)
孔げき量(こうげきりょう) 光合成(こうごうせい)
好光性種子(こうこうせいしゅし) 交雑育種(こうざついくしゅ)
硬実(こうじつ) 更新せん定(こうしんせんてい)
抗生物質剤(こうせいぶっしつざい) 洪積土(こうせきど)
耕土(こうど) 交配種(こうはいしゅ)
高品質種子(こうひんしつしゅし) 厚膜胞子(こうまくほうし)
高冷地栽培(こうれいちさいばい) 呼吸根〔こきゅうこん〕
腰水(こしみず) 互生(ごせい)
木立ち性(こだちせい) 骨粉(こっぷん)
子蔓(こづる) 固定種(こていしゅ)
コナガ コルヒチン
ゴロ土(ゴロつち) 根系(こんけい)
根茎(こんけい) 根圏微生物(こんけんびせいぶつ)
根菜類(こんさいるい) 根生葉(こんせいよう)
コンパニオン・プランツ コンポスト
根粒菌(こんりゅうきん)  
コーティング種子

ペレット種子・造粒種子とも呼ばれる。野菜・花などの小粒種子や不整形種子に、タルク等を被覆して粒径を均一化し、播種機でまきやすくした種子。

コールドチェーン

低温流通体系と訳され、生鮮食品を冷凍、冷蔵、低温の状態で生産者から消費者の手に送りとどける仕組みのことで、とくに夏季の軟弱野菜の鮮度を維持することができる。

耕運(耘)(こううん)

田畑を耕すこと。

抗火石(こうかせき)

軽石の一種で、加工しやすく、容器、用土の温度変化が少ないので高山植物の栽培用トラフとしてよく使われる。

好気性(こうきせい)

生育・生存に対して、空気(つまり酸素)が有効な場合、好気性であるといい、その反対に有害な場合を嫌気性という。

好気性細菌(こうきせいさいきん)

土中にいる細菌のうち、酸素の多い状態を好むものをいう。

孔げき量(こうげきりょう)

土の中のすきまを孔げきといい、水や空気でみたされている。そして、一定容積の土の中にある孔げきの容積を、孔げき量といい、次式で求める。

光合成(こうごうせい)

光合成は、炭素同化作用、炭酸同化作用あるいは簡単に同化作用とも呼ばれ、緑色植物が光のエネルギーを利用して、炭酸ガスと水から糖やデンプンなどのような炭水化物を合成する働きをいう。

好光性種子(こうこうせいしゅし)

種子の発芽にあたり、太陽光線が与えられると、発芽を促進するものを、好光性種子(光発芽種子)という。 草花のペチュニアやプリムラなどはその例である。

交雑育種(こうざついくしゅ)

幾つかの品種を交配して、その子孫の中から、目的にそった新しい品種をつくり出そうという改良のやり方を交雑育種という。この手段は、それぞれの品種のもっている遺伝的な長所を新しい一つの品種に併せて持たせることや、また、ある品種のもっている遺伝的な欠点を、おさえてしまったり、取り除くような効果が期待できる。

硬実(こうじつ)

タネの皮が水を透しにくいと、そのために発芽が妨げられる。このような種子を硬実という。

更新せん定(こうしんせんてい)

多くは果樹で、野菜ではナスの場合におこなわれる作業であって、古くなって生産力が衰えた枝を切り捨てて、新しく元気な枝を発生させるやり方をいう。

抗生物質剤(こうせいぶっしつざい)

微生物によって生産され、かつ他の微生物を死滅させる物質で、細菌性病害に高い効果がある。植物組織にすみやかに浸透、移行し、持続効果も長く効きめが安定している。 アグリマイシン、ストレプトマイシン等がある。

洪積土(こうせきど)

土は岩石の風化したものであり、それが重力、風雨、流水などで、他へ運ばれて積もったのを運積土という。この運積土には、洪積土(こうせきど)と、それよりもおくれてできた沖積土がある。沖積土は現在の河川や湖、海に近い低地をつくり、多くは水田に利用されている。また洪積土は、現在、丘や低い台地の上部を形成していて、おもに畑に利用されている。

耕土(こうど)

圃場の土のうち、作物の根張りの大部分をおさめ、直接に耕運(耘)施肥など栽培操作の対象となる上層の部分を耕土といい、つづく下層を心土(しんど)という。

交配種(こうはいしゅ)

これは一代雑種(いちだいざっしゅ)の同意語で、一般に広く用いられている。

高品質種子(こうひんしつしゅし)

種子には、発芽率や発芽勢にすぐれるほか、病気にかかっていないこと、品種として純粋であることなどが要求される。これらの特性をすべて満たすような、安定した栽培につながる種子を高品質種子とよぶ。

厚膜胞子(こうまくほうし)

厚い細胞壁をもち、不良環境に耐える胞子。病原菌などの菌糸などの一部に形成され、細胞壁が二重になっているものが多く、低温や乾燥に強い。

高冷地栽培(こうれいちさいばい)

普通、標高700〜800m以上の高地で行う栽培をいう。400〜700mを準高冷地といい、いずれも夏の冷涼な気候を活用する。

呼吸根〔こきゅうこん〕

土壌中から酸素を得にくい池沼などに生育する植物(マングローブなど)が呼吸作用を営むため地上部に出す側根。ガス交換を行う通気組織が発達している。

腰水(こしみず)

植物を植え付けた鉢などを、水を張った容器に浸して鉢底から吸水させること。

互生(ごせい)

葉のつき方。対生は、各節に2枚つき、2葉が茎をはさんで反対方向につく。互生は、各節に1枚の葉がつく。

木立ち性(こだちせい)

草であるのに、木の幹のように茎が立つ性質のこと。なじみ深いものに「木立ち性ベゴニア」がある。

骨粉(こっぷん)

動物の骨を主体につくった肥料で、主成分はりん酸三石灰(Ca3P2O8)、骨素、油脂で、窒素や加里は少ない。骨粉には粗骨粉、蒸製骨粉、脱膠骨粉、脱脂骨粉などがあり、いずれも効き方はおそくゆるやかである。

子蔓(こづる)

親蔓(おやづる)の項を参照。

固定種(こていしゅ)

交配種(こうはいしゅ)または一代雑種(いちだいざっしゅ)に相対する用語で、遺伝的に固定している品種のことをいう。これを一般種という場合もある。

コナガ

アブラナ科作物の重要害虫である。幼虫の多くは葉裏に寄生し、表皮を残して食害する。葉を動かしたり手で触れたりすると機敏に動き、落下・逃亡する。年10〜12回発生。有効薬剤が少なく駆除が難しい。

コルヒチン

細胞分裂の時、染色体の分離をそ害する作用のある薬品で、染色体の数を倍加させるのに用いる。

ゴロ土(ゴロつち)

鉢植えのときに、水はけと通気性をよくするために鉢底に入れる、粒の大きな土。赤玉土の大粒などが用いられるが、土のほかに石や発泡スチロールの破片などが使われる場合もある。小さな鉢などの場合は、ゴロ土を使わないこともある。

根系(こんけい)

作物の根は上下左右に伸び広がる。この広がり全体を根系という。 根系は遺伝的能力と、土その他の環境とによってつくられる。したがって、その広がり具合いは、種類や品種によって一様ではない。

根茎(こんけい)

根のように横に伸びる茎。多くは地下で伸びてゆくが、地上を走るものもある。

根圏微生物(こんけんびせいぶつ)

植物の根は水溶性有機物を分泌し、細胞の一部を脱落する。植物根はしばしばムシゲルと呼ばれる粘質の有機物で覆われている。これらの有機物を利用して増殖した微生物は植物根の周辺で高い密度を示す。これらを根圏微生物と呼び、植物に非常に重要な役割を果たしている。 マメ科植物に寄生する根粒菌もその一つである。

根菜類(こんさいるい)

ダイコン・カブ・ニンジン・ゴボウなどのように肥大した根部を食用とする野菜類をいう。肥大して食用となる部分は、主根だけではない。主根は子葉の下端から出ているが、子葉の下の胚軸部分も肥大して食用部分をつくりあげている。

根生葉(こんせいよう)

冬季のタンポポやマツヨイグサなどに見られるように、節の間隔が極端に短くなった茎から出ている葉。ロゼット葉。

コンパニオン・プランツ

主植物の側に植栽して、主植物の生育上有益な働きをする植物。トマト圃場の側に植えて害虫除けの働きをするハーブ類など。

コンポスト

鉢栽培などの用土は、各種の素材を配合して作られる場合が多い。このように配合して作った用土をコンポストと呼ぶ。

根粒菌(こんりゅうきん)

植物の根に共生し、空気中の窒素ガスを固定する細菌類。自然界の窒素循環に大きな働きをする。マメ科植物でよくみられ、固定した窒素は寄主植物が利用する。