農業・園芸用語集

戻る

まきばち マグネシウム欠乏(マグネシウムけつぼう)
マクワ質メロン 孫蔓(まごづる)
真砂土(まさつち) 待肥(まちごえ)
間引き(まびき) マルチング
まきばち

シードパンの項を参照。

マグネシウム欠乏(マグネシウムけつぼう)

ハクサイなどに起こりやすい。マグネシウムの吸収が欠乏すると、外葉の葉脈の間が緑色を失って淡黄色となり、ついに枯死する。砂地や火山灰土地帯で多発しやすい。トマトやナスにもよく発生し、苦土欠乏(くどけつぼう)ともいわれる。

マクワ質メロン

マクワとメロンは別の種類であるが、たとえばプリンスメロンのように、マクワとメロンを両親とする一代雑種で、その性質が両方の中間を示す品種をマクワ質メロンという。

孫蔓(まごづる)

親蔓(おやづる)の項を参照。

真砂土(まさつち)

花崗岩が風化した赤土で、適度な粘りを持ち排水も良く庭土として使われる。花壇用土や鉢土としては有機物を混ぜて使う。酸性土。

待肥(まちごえ)

根付け肥(ねつけごえ)と同意語。

間引き(まびき)

苗床や直まきの畑で、密生している部分の苗を適当に取り去り、また、奇形や徒長したものや育ち遅れたものを取り除く作業をいう。なお、以上の場合に限らないで、花や果実、枝であっても、その一部を取り除くことを一般に間引くという。

マルチング

ワラやモミガラ、またはポリエチレンフィルム等を使って、株の周囲や畝の上を覆うことをいう。マルチング効果としては、地温調節、水分保持、雑草防止、土の膨軟保持、病害防除等がある。