農業・園芸用語集

戻る

実生(みしょう) みじん
水揚げ(みずあげ) 水切れ(みずぎれ)
水苔(みずごけ) 水栽培(みずさいばい)
水代(みずしろ) ミスト繁殖(ミストはんしょく)
実生系(みしょうけい)  
実生(みしょう)

種子からその発芽によって育った植物を実生という。接ぎ木など、栄養繁植した植物に対しての用語である。

みじん

1mmかそれ以下の目のふるいを通り抜ける、ごく細かい土のこと。花木の鉢植えなどではこれを除かないと、排水不良を起こしやすくなる。

水揚げ(みずあげ)

切り花の切り口を水の中に入れて、切り口から吸水させることを水揚げという。

水切れ(みずぎれ)

水が「不足している」か「ない」状態のこと。

水苔(みずごけ)

湿原や山地の湿地に生える鮮苔類を乾燥したもの。保水力に富み、取り木、挿し木の乾燥防止、洋らんや観葉植物の植え込みに使われる。

水栽培(みずさいばい)

ヒヤシンスやクロッカスなど、土を用いずに水だけで花を咲かせる栽培方法。肥料を含んだ水で栽培する水耕栽培と混同されることがある。

水代(みずしろ)

鉢植えにしたとき、鉢の上部に水のたまるスペースをあけて植え付ける。このスペースを水代、あるいは「ウォータースペース」という。

ミスト繁殖(ミストはんしょく)

霧状の水のことをミストというが、これを葉面に散布して室内の湿度を高め、これによって挿し木を成功させんとする繁殖手段をミスト繁殖という。

実生系(みしょうけい)

実生(みしょう)の項を参照。