農業・園芸用語集

戻る

二重鉢(にじゅうばち) ニジュウヤホシテントウムシ
日射量(にっしゃりょう) 日長反応(にっちょうはんのう)
二年草(にねんそう) 乳剤(にゅうざい)
尿素(にょうそ)  
二重鉢(にじゅうばち)

植物が植わっている鉢を、鉢のままそれより大きな鉢に入れ、その間に詰め物をすること。鉢土の温度を高すぎたり低すぎたりしないように保ちたい場合や、鉢土を乾きにくくする場合に行う。詰め物の種類や扱い方は、その場合によって異なる。

ニジュウヤホシテントウムシ

この害虫は成虫・幼虫ともに加害する咀嚼口(そしゃくこう)をもった甲虫の一種で、成虫は半球形、羽に大小28個の黒点がある。

日射量(にっしゃりょう)

太陽光線の強さをカロリーであらわすもので、太陽光線を直接計る直達日射量と、天空全体からの光を計る水平日射量とがある。農業上では後者で考えることが多い。

日長反応(にっちょうはんのう)

日の長さ(植物が感じるのは夜の長さ)によって、花芽の分化(花のもとがつくられること)や抽苔が左右されるなどのように、日の長さに対する植物の反応を日長反応という。

二年草(にねんそう)

タネをまいてから満1年以上、2年以内に開花してすぐ枯れてしまう草花をいう。フウリンソウなどがその例であるが、一般には秋まき草花をすべて二年草と呼ぶことが多い。

乳剤(にゅうざい)

農薬のうち、水に溶けないが油類にはよく溶ける有効成分は、乳剤として実用に供する。水でうすめると、ちょうど牛乳のような白濁した液が得られる。これを乳濁液と称し、噴霧器などを用いて散布する。乳剤は殺虫剤に例が多い。

尿素(にょうそ)

窒素46%を含む窒素肥料で、炭酸ガスとアンモニアを加圧・加熱して製造する。田畑に施用するほか、0.5%くらいの溶液として葉面に散布し、葉面から吸収させるのにも用いられる。