農業・園芸用語集

戻る

老朽化水田(ろうきゅうかすいでん) 露地床育苗(ろじどこいくびょう)
ロゼット ロックウール栽培
ローンレーキ  
老朽化水田(ろうきゅうかすいでん)

これは土が老朽化した水田のことで、土から鉄分が溶け出してしまった結果であると考えられている。秋おち現象など、稲の収量に影響する。

露地床育苗(ろじどこいくびょう)

露地(ろじ)、つまりまったく被覆しない畑の畝を苗床として育苗する方法で、単に露地育苗ともいう。

ロゼット

節間が極端に短くつまった茎に葉が水平に放射状に出ており、根から直接に多数の葉がむらがって着いている外観を呈する場合、このようなものをロゼットという。

ロックウール栽培

養液栽培の一つで、土壌の代わりに、培地に鉱物を綿状に加工したロックウールを用い、養液を流して栽培する。近年開発された技術である。

ローンレーキ

芝生の手入れに使う農具の一つ。短い鉄の歯をくし形に並べて柄をつけたもの。草かきなどに用いる。土の表面をくだいたりならす用途のほかに、落ち葉や刈り草の収集など熊手の役割も果たす。