農業・園芸用語集

戻る

催芽(さいが) 細菌病(さいきんびょう)
採種圃(さいしゅほ) 最小容水量(さいしょうようすいりょう)
最少養分律(さいしょうようぶんりつ) 栽植密度(さいしょくみつど)
最大容水量(さいだいようすいりょう) 細胞融合(さいぼうゆうごう)
作型(さくがた) 砂耕栽培法(さこうさいばいほう)
挿し木(さしき) 挫止現象(ざしげんしょう)
挿し接ぎ(さしつぎ) 挿し床(さしどこ)
挿し芽(さしめ) サッカー
雑種強勢(ざっしゅきょうせい) 莢(さや)
砂礫(されき) 酸化分解(さんかぶんかい)
サンクガーデン 三小葉(さんしょうよう)
酸性土壌(さんせいどじょう) 残存植物(ざんぞんしょくぶつ)
三倍体(さんばいたい)  
催芽(さいが)

種をまく前に,発芽を始める状態にすることを催芽という。発芽を早めたり,発芽の不揃いをさける効果があり,方法としては,十分吸水させた種を,その種の発芽適温よりいくらか高い温度に保って発芽状態にする。

細菌病(さいきんびょう)

農作物の病気は,糸状菌(かび)による場合と,細菌類(バクテリア)による場合が多い。バクテリアは,糸状菌と違って表皮を破って侵入することが出来ず,傷口や気孔,水孔などから侵入し発病する。軟腐病,黒腐病,青枯病などがある。薬剤が限られ,予防散布が大切。

採種圃(さいしゅほ)

栽培用の種子をとるために用いる畑をいう。他種の花粉,種子等が混入することのないよう,つとめて純正な,そして充実した種子がとれるように管理することが大切である。

最小容水量(さいしょうようすいりょう)

砂土は水がよく浸透するが,粘土は容易に浸透しない。このように土の種類によって,水分を保持する力が違う。この力は,100gの乾燥土が重力にさからって保持できる水分の量を"容水量いくら"というようにあらわす。そして毛管作用で保持できるぎりぎりの水分量を最小容水量という。

最少養分律(さいしょうようぶんりつ)

作物が完全に生育するためには,必要な無機養分が全部揃っていなくてはならない。たとえどれか一つでも不足すると,ほかの養分は足りていても,この場合の生育・収量は,不足している一つの養分に支配されてしまう。このことを最少養分律という。

栽植密度(さいしょくみつど)

単位面積当たりの栽植本数をいう。作物の種類によって大体きまっているが,環境条件などによってもかなり左右されることが多い。密植に過ぎると生育が悪くなり,収量も低下するので,各々その地に合った栽植密度を知ることが大切である。

最大容水量(さいだいようすいりょう)

土の中が水で満たされて,飽和したときの水分量をいう。

細胞融合(さいぼうゆうごう)

異種の細胞が混在する溶液に薬品や電気パルスで処理を加えると,近くの細胞同士が融合して一つになる。この技術を細胞融合という。融合した細胞を無菌的に培養し,植物体を再生すれば,交配では得られない雑種の作出も可能であり,育種に新たな可能性をもたらした。ポマトやバイオハクランはその例である。

作型(さくがた)

作物はつくる時期やつくり方によって,いろいろの場合があるが,それらを作型という。 たとえば促成・抑制栽培,夏秋穫り,冬穫りなどいずれも作型である。

砂耕栽培法(さこうさいばいほう)

砂を用いて,水や養分の水溶液によって栽培する方法をいう。

挿し木(さしき)

切り取った枝や茎、根などを挿し床に挿し、新しく根や芽を出させる繁殖方法のひとつで、家庭園芸で広く行われている。

挫止現象(ざしげんしょう)

おもにスイカやメロンの接ぎ木栽培の場合に使われる用語で,接ぎ木したものが,温湿度の急変など不良条件にさらされて,生育が停頓あるいは枯死する現象をいう。他の作物でも,また接ぎ木に限らずおこることもある。

挿し接ぎ(さしつぎ)

接ぎ木方法の一種で,台木の茎を切断して,その中央に細い小穴をあけ,この穴へ穂を挿し込む。穂はあらかじめ,その下端を鋭くとがらせておく。このやり方を挿し接ぎという。

挿し床(さしどこ)

挿し木に用いる床をいう。用土には鹿沼土,砂などが広く使われている。

挿し芽(さしめ)

多年草や一年草などの芽の部分を切り取って土などに挿し、植物体を増殖する方法。

サッカー

株元から離れたところから生えてくる新芽。

雑種強勢(ざっしゅきょうせい)

ある二つを両親とした子供の代には,生育の旺盛な場合がある。これを雑種強勢(ヘテローシス)という。自家受粉を常としている作物や,また,他家受粉を常としている作物であっても,自家受粉を何代もつづけた系統であれば,雑種強勢が強くあらわれる。原則的には,両方の遺伝的な素質の違いが大きいほど,雑種強勢のあらわれ方が強い。

莢(さや)

種子を覆う果実の一種。莢果。

砂礫(されき)

砂と小石。つぶて。しゃれき。

酸化分解(さんかぶんかい)

土の中に酸素が多い場合の有機物の分解は,この酸化分解で,好気性細菌が作用している。 有機物の分解の旺盛時は,多量の炭酸ガス,水,アンモニア,硝酸などを生成し,腐植として残る割合が少なくなる。通気のよいことのほか,温度が35〜40゚Cで,水分が適量であり,石灰分がたくさんあると,一層活発な酸化分解が進行する。

サンクガーデン

西洋庭園の形式の一つ。一般に長方形の区域を掘り下げ、底面と斜面を植栽し、花壇などで修飾したもの。沈床庭園。

三小葉(さんしょうよう)

葉のつき方の一つ。頂小葉と側小葉からなる。

酸性土壌(さんせいどじょう)

土壌中の水溶液が酸性であれば,その土壌を酸性土壌という。

残存植物(ざんぞんしょくぶつ)

かつては広く分布していたが、その後環境条件などの変化で、分布範囲が局地に制限されたと推定される植物。

三倍体(さんばいたい)

作物の染色体の数は,普通,その作物の花粉や卵核の染色体の2倍であるが,これらを倍加して四倍体にしたものとの雑種は三倍体になる。三倍体は正常な受精をしないので正常なタネができない(シードレス)。三倍体スイカは,この理論を応用したものである。