農業・園芸用語集

戻る

シードテープ シード・バーナリ型
シードパン シードプライミング
自家受粉(じかじゅふん) 自家不和合性(じかふわごうせい)
直まき(じかまき) 四季咲き性(しきざきせい)
敷きワラ(しきわら) 糸状菌(しじょうきん)
自殖弱勢(じしょくじゃくせい) 自生(じせい)
施設園芸(しせつえんげい) 自然交雑種(しぜんこうざつしゅ)
下根(したね) 支柱(しちゅう)
湿害(しつがい) 指定産地(していさんち)
ジベレリン 子房(しぼう)
遮光(しゃこう) 遮光栽培(しゃこうさいばい)
遮光資材(しゃこうしざい) シュート
雌雄異花(しゆういか) 雌雄異株(しゆういしゅ)
集散花序〔しゅうさんかじょ〕 集団選抜法(しゅうだんせんばつほう)
秀品率(しゅうひんりつ) 就眠運動(しゅうみんうんどう)
収量漸減の法則(しゅうりょうぜんげんのほうそく) 重力水(じゅうりょくすい)
樹冠(じゅかん) 種間雑種(しゅかんざっしゅ)
宿根草(しゅっこんそう) 種子消毒(しゅししょうどく)
種子繁殖(しゅしはんしょく) 樹勢(じゅせい)
受精(じゅせい) 受粉(じゅふん)
授粉樹(じゅふんじゅ) シュロ紐(シュロひも)
順化(じゅんか) 純系(じゅんけい)
条間(じょうかん) 蒸散(じょうさん)
硝酸化成作用(しょうさんかせいさよう) 硝酸態窒素(しょうさんたいちっそ)
焼土法(しょうどほう・やきつちほう) 醸熱材料(じょうねつざいりょう)
商品化率(しょうひんかりつ) 照葉樹〔しょうようじゅ〕
常緑(じょうりょく) 省力栽培(しょうりょくさいばい)
植生(しょくせい) 植物版レッドデータブック(しょくぶつばんレッドデータブック)
除草剤(じょそうざい) 除雄(じょゆう)
尻腐果(しりぐされか) 白絹病(しろきぬびょう)
シンクイムシ 深耕(しんこう)
人工種子(じんこうしゅし) 人工授粉(じんこうじゅふん)
人工繁殖(じんこうはんしょく) 新梢(しんしょう)
深層施肥(しんそうせひ) 心土(しんど)
浸透移行性(しんとういこうせい) 唇弁(しんべん)
針葉樹〔しんようじゅ〕 親和性(しんわせい)
種子系(しゅしけい)  
シードテープ

シードテープは種子を一定粒数ずつ、一定間隔に封入したテープをいう。テープの主原料は水溶性ポリマーである。野菜および花き種子の省力播種法として、普及している。

シード・バーナリ型

バーナリゼーションの場合で、種子が吸水し発芽に動いている状態プラス一定の低温があれば低温感応するタイプで、ハクサイ類やダイコンがこれに属し、春どり栽培で問題になる。

シードパン

花の栽培ではタネをまく際、浅い専用のはちを使うことがある。普通30cm×30cmの角形で、これをシードパンという。

シードプライミング

種子の発芽率、発芽勢および実生の初期生育の促進をはかることを目的として、種子に施す各種処理をいう。

自家受粉(じかじゅふん)

自花受粉(じかじゅふん)とも書く。これは一つの花の雌しべに、同じその花の花粉をつけること、または同一株の異なる花相互間で行う交配のことをいう。

自家不和合性(じかふわごうせい)

不和合性(ふわごうせい)の項を参照。

直まき(じかまき)

タネを花壇などに直接まく方法。移植を嫌う直根性植物などに用いられる。

四季咲き性(しきざきせい)

特定の開花期がなく、年間に何回も繰り返して咲く性質のこと。冬は低温のため、戸外ではほとんど咲かない。

敷きワラ(しきわら)

乾燥や雑草を防ぐために、株元や畝の上にひろくワラを敷くことをいう。同じ目的でビニールやポリエチレンなども多く使用される。この場合はビニールマルチ(ビニール・マルチング)とかポリマルチと呼ばれる。

糸状菌(しじょうきん)

かびのことをいう。糸状の菌子体を形成する病原菌で、フザリウム、バーティシリウム、ピシウム菌などがあり、これによる代表的な病気としてべと病、ボトリチス病、つる割病等がある。

自殖弱勢(じしょくじゃくせい)

品種としての揃いを高めるために、自殖を繰り返すと、色々な性質は良く揃うようになるが、トウモロコシやアブラナ科そ菜などは、草勢がたいそう弱まる。この現象を自殖弱勢という。

自生(じせい)

人工的に植え付けたものでなく、自然に初めからその場所に生えていること。ただし、外国の植物が日本で勝手に生えている場合は、日本の自生植物とはいわない(帰化植物)。

施設園芸(しせつえんげい)

ビニールハウスやガラス室などの施設で、野菜や花をつくる農業を施設園芸という。近年は、換気や潅水などを機械化し自動化するなど、施設の充実が進められている。

自然交雑種(しぜんこうざつしゅ)

人工的に交配してつくり出したものではなく、自然に他の種類や品種の花粉がついて生じた植物のこと。

下根(したね)

ユリの場合で球根の下から出る根のことで、植物体を支える太い根をいう。

支柱(しちゅう)

株が倒れないよう、また枝や蔓(つる)を思うように配置するために用いるものを支柱という。細竹やパイプが使われているが、キュウリや草花では網も用いられ、これを網支柱(ネット支柱)といっている。

湿害(しつがい)

排水不良なところでは、土壌中の酸素が乏しくて作物の生育が著しく低下する。時には収穫皆無の被害もある。

指定産地(していさんち)

野菜の価格安定のため、指定消費地域に対する指定野菜の計画的安定供給を目的として定められた生産地のことである。 指定野菜の種類、その作付面積と生産・出荷量がきめられており、産地に対しては最低価格が保証される。

ジベレリン

植物の生長を促進する作用をもった植物ホルモンの一種。

子房(しぼう)

雌しべの一部で、花柱の下に接して肥大した部分。下端は花床上に付着し、中に胚珠を含む。受精後、種子を入れる果実となる。

遮光(しゃこう)

光を遮ること。植物の栽培上で使う意味は、直射日光を遮るために、ネットやよしずなどで覆いをすること。

遮光栽培(しゃこうさいばい)

短日処理で開花期を調節したり、強光線を一定の程度に遮(さえぎ)るために日除けをしたりする栽培をいう。シェード栽培ともいう。

遮光資材(しゃこうしざい)

遮光栽培に用いる資材を遮光資材という。遮光ネット、寒冷紗、よしず、など。

シュート

葉を含む枝全体。園芸では、木の根元や株元から長くのび出た若枝をいう。

雌雄異花(しゆういか)

雄しべだけがある雄花と雌しべだけがある雌花に分かれているものを「雌雄異花」という。ウリ類がその例。

雌雄異株(しゆういしゅ)

雄花と雌花とが異なる株に生ずるもので、アスパラガス、ホウレンソウ、イチョウ等その例は少ない。なおウリ科の植物のように雌花と雄花とが1株上に生ずるものを雌雄同株という。

集散花序〔しゅうさんかじょ〕

花のつき方および花のついた枝全体を花序という。集散花序とは、花が上(頂花)から下に向かって咲き進むもの。

集団選抜法(しゅうだんせんばつほう)

品種の一株一株に性質の違いがある場合、そのうちから目的の性質をあらわしている株を集め、それらの間で交雑させてできたタネを育て、前年に選んだ性質がどのようにあらわれているかを調べる。このやり方を繰り返して、目的とする性質を持つ株に揃える。このような改良の方法を集団選抜法という。

秀品率(しゅうひんりつ)

全体収量の中で良品が占める割合。

就眠運動(しゅうみんうんどう)

植物の日周期運動の一つ。葉が夜間に閉じたり下垂したりする運動などをいう。昼夜運動。

収量漸減の法則(しゅうりょうぜんげんのほうそく)

施用する肥料を増やすと収量が多くなるが、施用量と収量とは平行して増加しない。次第に収量の増加が少なくなり、ついにはもはや収量が増えない点、すなわち最高収量に達する。このように収量増加が、施肥量の増加に伴わないで次第に少なくなることを、収量漸減の法則という。

重力水(じゅうりょくすい)

地上にたまっている水、地下に浸透する水、地下水などのように、重力によって土の粒子間を自由に移動する水をいう。

樹冠(じゅかん)

樹木の枝や葉によってつくられる冠状に茂っている部分。種によって一定の特徴のある形状を呈するのが一般的。

種間雑種(しゅかんざっしゅ)

優良品種を育成するためには、異種属と交雑させること(種間交雑)によって有用遺伝子を導入して、これまでの種内交雑育種では期待できなかった有用形質を持つ品種を育成する。

宿根草(しゅっこんそう)

種子消毒(しゅししょうどく)

安全に発芽・生育させる目的で、薬品や温湯・乾熱などにより種子の殺菌をすることをいう。

種子繁殖(しゅしはんしょく)

野菜や草花の多くは、種子によってふやす。このように種子によってふやすことを種子繁殖という。樹木や花木は普通、接ぎ木や挿し木によってふやすが、これを栄養繁植という。

樹勢(じゅせい)

木の勢いのこと。おう盛に育っているものを「樹勢がよい」と表現する。

受精(じゅせい)

卵子と精子が融合すること。高等植物では、花粉が雌しべの柱頭に付く(受粉)と発芽して花粉管を伸ばし、中の精核が卵細胞内の雌性核と融合する(受精)ことによっておこなわれる。

受粉(じゅふん)

花粉を雌しべの頭につけることをいう。そして人手でつけることを人工受粉(じんこうじゅふん)といい、風や虫が媒介となってこれをやることを風媒(ふうばい)、虫媒(ちゅうばい)という。

授粉樹(じゅふんじゅ)

自分の花粉では結実しない花に結実させるため、花粉を与える木。主に果樹栽培で用いる。

シュロ紐(シュロひも)

ヤシ科の常緑高木シュロの幹を包む毛をより合わせてつくったヒモ。

順化(じゅんか)

植物が気象条件などに適応し、遺伝的に変化する現象。

純系(じゅんけい)

作物の品種や系統で、更に自家受精や近親交配を続けると、形質は一層揃ってくるが、このような系統を純系という。品種改良の過程として重要である。純系は草勢は弱まる場合が多い。

条間(じょうかん)

種のまき条とまき条、または苗の植え条と植え条の間の間隔。狭すぎると軟弱徒長しやすく、広すぎると本数がはいらず収量が上がらない。

蒸散(じょうさん)

体内の水分を、主として葉から水蒸気として体外に出すこと。

硝酸化成作用(しょうさんかせいさよう)

アンモニアが亜硝酸に、そしてさらに硝酸に変化するのを硝酸化成作用という。この作用は好気的な条件下で、亜硝酸菌と硝酸菌の働きでおこる。

硝酸態窒素(しょうさんたいちっそ)

肥料の窒素には三つの形態があり、そのうちの一つが硝酸態窒素である。この形態で植物に吸収されやすいが、水に溶けやすく、土にはほとんど吸収されないので、水と一緒に流亡する。

焼土法(しょうどほう・やきつちほう)

土の中の病害虫をとり除く手段の一つであって、100゚Cくらいで10分間、かき混ぜながら熱し、あとにコモをかけるなどして、4〜5時間、60〜70゚Cに保つ。

醸熱材料(じょうねつざいりょう)

苗床に必要な温度を与えるため、床の底に有機物を詰め込み、その腐敗発酵によって生ずる熱を利用する。この場合の有機物を醸熱材料といい、稲ワラが最も多く用いられる。

商品化率(しょうひんかりつ)

収穫される作物のうち、販売されるものの割合をいう。

照葉樹〔しょうようじゅ〕

カシ、シイ、ツバキなど、葉の幅が広く、日光を受けやすい形になっている常緑広葉樹で、亜熱帯から暖温帯にかけて広く分布している。

常緑(じょうりょく)

植物が1年中緑色の葉をつけていること。または、1年中地上部が枯れずに残っていること。

省力栽培(しょうりょくさいばい)

何等かの手段方法によって、従来よりも労力を少なくするか、不要にするような栽培法をいう。

植生(しょくせい)

ある場所に生育している植物の集団。荒原、草原、森林などはその例。

植物版レッドデータブック(しょくぶつばんレッドデータブック)

絶滅に瀕している植物の種を記した資料。

除草剤(じょそうざい)

雑草を防ぐ目的で使用する薬剤をいう。

除雄(じょゆう)

花の雄性器官の機能を除く操作。果菜類を中心としたF1採種では欠かせぬ操作である。

尻腐果(しりぐされか)

トマトの果実に発生する病害で、幼果の先端部に黒色のくぼみができ、商品価値をなくしてしまう。これは病原菌が原因ではなく、乾燥などによる石灰の欠乏で生理障害だといわれている。

白絹病(しろきぬびょう)

植物の病害。菌類の白絹病菌の感染による。根や地際部の茎が腐敗し、その表面を灰白色の病原菌の菌糸が網状におおう。ナスの白絹病など。

シンクイムシ

ハイマダラノメイガという蛾の幼虫のことで、発芽後まもない小苗に生みつけられた卵からふ化して、小苗の芯(生長点の部位)を食いあらす。

深耕(しんこう)

土壌の物理的性質や化学的性質の改善と、それに伴う土中微生物の活動をよくすることなどによって、耕土の生産力を高めるために、深く耕す作業をいう。 この作業は冬季に行って、土塊を風化させることが好ましい。

人工種子(じんこうしゅし)

受精によらないで、植物のカルス(植物の一部を切り取り植物ホルモンを含む培地上で培養したときにできる未分化の細胞塊)から不定胚(種子の中にある胚に似た器官で、将来芽や根になる生長点が備わり遺伝的にも安定している)を大量生産して、それをゼリー状のカプセルに封入した種子で、天然の種子と同様に圃場にまき、正常な植物体を得ることができる。

人工授粉(じんこうじゅふん)

人の手を介して行われる受粉(花粉が雌しべの先端に付着すること)。自然状態では受粉しにくい場合や、育種を目的とする場合などで行われる。

人工繁殖(じんこうはんしょく)

いろいろな方法によって、自然のままでは不可能・不十分な繁殖を助長することをいう。たとえば、ユリのりん片繁殖やその他組織培養などによる増殖をいう。

新梢(しんしょう)

新しく伸び出た枝のこと。1年枝、1年生枝と同じ。

深層施肥(しんそうせひ)

肥料を施す位置も施肥効率を上げるうえで大切で、表層施肥、全層施肥と深層施肥の方法がある。深層施肥は50〜70cmの深さの深溝やタコツボを掘り、土中深く施肥する方式で、労力を要するが根群を深く導き、生育後期まで草勢を保つことができる。

心土(しんど)

耕土(こうど)につづく下層を心土といい、耕運(耘)、施肥などの栽培操作に直接の関係を持たないが、心土の適否は生育や作柄に大きく影響する。

浸透移行性(しんとういこうせい)

主に殺虫剤で使われる用語。散布したり、根元に施した薬剤が葉や根からしみ込んで、植物の体の各部に移っていく性質のこと。農薬が害虫に直接かからなくても、食害すると殺虫効果が得られる。一般に効き目が長く保てる。

唇弁(しんべん)

左右対称の花の花冠の中でくちびる状に見える花弁や裂片のこと。スミレの仲間やシソ、ランなどの仲間で見られる。

針葉樹〔しんようじゅ〕

アカマツ、クロマツ、スギ、ヒノキなど、細い針状〜鱗片状のかたい葉をもつ樹木で、温帯から寒帯にかけて広く分布している。

親和性(しんわせい)

果菜類等で接ぎ木栽培を行う場合、台木の種類により活着後も順調に生育し良好な結実をする組合せを親和といい、活着しないか、あるいは活着しても異常発育を呈し実用価値のない組合せを不親和という。 また二つの品種なり種類なりを交配し、受精して発芽力のある種子ができる場合、この二つの間には交配親和性があるという。

種子系(しゅしけい)

タネから育てる系統のこと。実生系(みしょうけい)ともいう。