農業・園芸用語集

戻る

ソイルブロック 草姿(そうし)
増収率(ぞうしゅうりつ) 早熟栽培(そうじゅくさいばい)
草勢(そうせい) 草本性(そうほんせい)
草木灰〔そうもくばい〕 属(ぞく)
側枝(そくし) 促成栽培(そくせいさいばい)
速成積肥(そくせいつみごえ) 組織培養(そしきばいよう)
速効性肥料(そっこうせいひりょう) 外芽〔そとめ〕
ソイルブロック

練り床育苗の方法で作った用土を一定の大きさの立方体に整形したものをいう。播種・育苗用に用いる。

草姿(そうし)

草型とも言換えられるが、立性や開張性など、それぞれ固有の特徴を示し、特に商品性や収量に関係の深い形質である。

増収率(ぞうしゅうりつ)

標準の肥料による収量に対して、ほかの肥料による収量を比べた数値をいい、肥効率(ひこうりつ)ともいう。栽培方法などの効果を比較する場合にも用いる。

早熟栽培(そうじゅくさいばい)

栽培の型の一つで、育苗だけを温床で行い、トンネルや露地へ植え付ける栽培をいう。

草勢(そうせい)

茎葉の伸長する勢力のことで、野菜や花の作りやすさに関係する。

草本性(そうほんせい)

草としての性質。

草木灰〔そうもくばい〕

草や木を燃やしてつくった有機質肥料。速効的で、特に花や実をつけるのに重要なリンサン・カリ分が多く含まれる。石灰分も含むため、酸度矯正効果もある。

属(ぞく)

18世紀半ばスウェーデンの博物学者リンネが提唱した動植物分類に基礎をおく生物の自然分類法における段階のひとつ。種の上、科の下の段階。(門・綱・目・科・属・種)。

側枝(そくし)

「わき枝」のこと。幹や茎から直接出る枝を一次側枝、一次側枝から出る枝を二次側枝と区分することもある。

促成栽培(そくせいさいばい)

収穫の前進をねらって、育苗から収穫の終わるまで、ハウスあるいは温室で栽培する方法をいい、特別な温暖地は加温しないが、ほかは加温する。出荷は冬の終わりないし、春早くから始まる。

速成積肥(そくせいつみごえ)

ワラ類に石灰水、硫安、下肥、石灰窒素などをかけてワラの腐敗発酵を促し、短期間のうちにうまや肥に近いものをつくりあげる。これを速成積肥または速成堆肥(そくせいたいひ)という。

組織培養(そしきばいよう)

生物体から無菌的に組織片を取り出して、ガラス器内の人工培地上で増殖させること。 植物では実際にラン、ユリ、イチゴ等の大量増殖に用いられている。

速効性肥料(そっこうせいひりょう)

効き方の早い肥料を速効性肥料という。たとえば、硫安や尿素などがある。1回に多量施すと害(肥やけ)があるから、分けて施すよう注意が必要。

外芽〔そとめ〕

何本もの枝からなる株の、外側に向いて出ている芽のこと。