調べる

タキイの緑肥・景観作物

戻る


品種カタログ

 
従来トールフェスクは横よりも垂直方向へ生長する株立ちタイプの芝草です。しかしこの度、アメリカのマウンテンビュー社によってほふく茎を持つ特性が研究開発されました。この技術をラテラルスプレッドテクノロジーといい、品種名に「LS」という略称が付けられています。
ほふく茎を持つことで、踏圧や擦り切れからの回復力に優れ、芝生の密度が高く、年間を通して安定した芝質が期待できます。
トールフェスク
スパイダーLS
Spyder LS

ほふく茎を持つトールフェスク!


エンドファイト活性。
今までのトールフェスクにはない地下ほふく茎をもち、密度の高い芝生をつくる。
ブラウンパッチに強い抵抗性を示す。
耐旱性、耐陰性に優れ、年間を通して芝質は安定。
葉はきわめて濃緑色で発芽定着が早い。



北海道、寒・高冷地 5月〜8月
中間・暖地 春まき 3月〜6月中旬
  秋まき 8月下旬〜10月



単播 芝生用:30〜50g/m2
    緑肥用:15〜20g/m2
他草種との混播:30〜70%(重量比)



ゴルフコースのティーやフェアウェイ。
スポーツ競技場や公園、家庭用芝生(他草種との混播)。


※適期表はその地域の栽培の目安としてご利用ください。