調べる

芝・病害虫・雑草情報

戻る


病害虫・雑草情報

■雑草の種類
芝生地で問題になる雑草は、イネ科やカヤツリグサ科が多く、マメ科やキク科がこれに次いで多くなります。

■芝生地の主要雑草
時期科名雑草名
春〜夏期イネ科メヒシバ、アキメヒシバ、オヒシバ、エノコログサ、ニワホコリ、チガヤ、スズメノヒエ、チカラシバ
カヤツリグサ科カヤツリグサ、ヒメクグ、ハマスゲ
マメ科クローバ類、ヤハズソウ、ミヤコグサ
キク科ハキダメソウ、トキンソウ、ヨモギ、ハルジョン
その他スギナ、ヒメスイバ、ギシギシ、スベリヒユ、ツメクサ、ハコベ、カタバミ、コニシキソウ、チドメグサ、オオバコ、ツユクサなど
冬〜春期イネ科スズメノカタビラ、スズメノテッポウ、カモジグサ
マメ科スズメノエンドウ、カラスノエンドウ、シロクローバ
キク科オニタビラコ、ヒメジョオン、オオアレチノギク、ヒメムカシヨモギ、ホオコグサ、チチコグサ
その他ヒメスイバ、ミミナグサ、ツメクサ、ハコベ、ナズナ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、オオバコなど

■雑草の発生消長
芝生地の雑草の中で、とくに問題となるスズメノカタビラは春と秋の2回にわたり発芽します。実際には秋に発芽するものが問題ですから、雑草管理に当たっては秋の防除を徹底して行います。

■芝生地の雑草の発生消長
▲メヒシバ▲エノコログサ▲カヤツリグサ
▲チガヤ▲オオバコ▲ギシギシ
   
さらに詳しい雑草情報は、こちらでご覧いただけます。
 独立行政法人畜産草地研究所「写真で見る外来雑草」
   
■除草剤
手取りや、生態学的防除などではどうにもならない場合、除草剤という手があります。
除草剤には、非選択性除草剤と選択性除草剤とがあります。非選択性除草剤とは、雑草を含めてかけた部分の全ての植物を枯らすもので、選択性除草剤は、特定の植物には害を及ぼさないものです。
除草剤の種類は非常に多いのですが、以下に少しまとめてみました。

非選択性除草剤
選択性除草剤−寒地型芝草に使用できる選択性除草剤
選択性除草剤−暖地型芝草に使用できる選択性除草剤
   
▼▼▼ ご注意 ▼▼▼
 文中に記述のある農薬の登録内容は、すべて上記データ製作日時点のものです。ご使用に際しては、必ず登録の有無をご確認ください。
 農薬登録のない薬剤を使用したり、登録条件以外の使用をすることは、農薬取締法で禁止されておりますので、生産物の商品性や産地としての信用を著しく損なう恐れがあります。また、生産者の健康被害に対する配慮も肝要です。
 農薬の適用の対象や使用基準など、登録の内容は時期や地域によって異なります。間違った使用をされますと、効果がないばかりか作物に薬害を生じる恐れもあります。
 本文の記述には万全を期しておりますが、使用農薬の選択および使用方法につきましては、お近くの種苗専門店や農協、公共の指導機関などにご確認の上、使用される農薬の注意書きをよく読んでお使いくださるようお願い申し上げます。
※登録農薬に関しては、こちらでご確認いただけます。→独立行政法人農林水産消費安全技術センター 農薬登録情報

\