調べる

タキイの緑肥・景観作物

戻る

いぶし菜

    特性
  • 辛味成分が多く含まれ、土壌殺菌効果が高い。
  • ホウレンソウ萎凋病、トマトのサツマイモネコブセンチュウなどの被害低減が期待できる。
  • 初期生育が旺盛で、短期間で高収量が望める。
    栽培ポイント
  • 播種期
    中間地・暖地:2〜3月、10月中旬〜下旬
    冷涼地::5〜6月、8月中旬〜9月中旬
  • 播種量
    1〜1.5kg/10a。
  • 施肥基準
    10a当たりチッソ5〜10kg、リンサン5〜10kg、カリ5〜10kg
    ※注:アブラナ科野菜根こぶ病発生圃場では使用を控える。
  • すき込み方法
    チョッパーやハンマーモア・フレールモアなどで細断し、プラウやロータリーですき込む。作物が小さい場合や、柔らかい場合は、ロータリーでそのまますき込むこともできる。
    生物くん蒸用作物として利用する場合は生物くん蒸をご参照下さい。
ページトップへ↑