調べる

タキイの緑肥・景観作物

戻る

緑肥用とうもろこし
雑草との競合に強く、吸肥力も強い!

    特性
  • 初期生育が早く、低温伸長性も優れる。
  • 深根性で吸肥力が強く、有機質の生産も豊富である。
    用途
  • 塩類濃度が高い土壌や有機質不足の畑に。
    栽培ポイント
  • 播種期
    4 〜8 月。日平均気温が10℃以上になれば播種できる。
  • 播種量
    4 〜5 kg/10a。条まきかバラまきし、2 〜3 cmの覆土をして鎮圧する。
  • 施肥基準
    10a当たりチッソ12kg、リンサン15kg、カリ8kg。
  • すき込み方法
    トラクターなどで立毛のまますき込む。
    チョッパーで5cm位に細断し、生のまますき込む。
    細断したものを、2〜3日乾燥させてすき込む。
ページトップへ↑