調べる

タキイの緑肥・景観作物

戻る

ネコブキラー
ネコブセンチュウ・ダイズシストセンチュウの密度抑制!

    特性
  • サツマイモネコブセンチュウをはじめ、各種のネコブセンチュウの密度を抑制する。
  • 排水不良地には向かないが、酸性地・やせ地でもよく生育する。
    用途
  • ネコブセンチュウに汚染された畑に利用。
  • 美しい黄色の花をつけるので景観用としても利用できる。
    栽培ポイント
  • 播種期
    5〜8月。日平均気温が18℃位になったら播種できる。適期まきの場合、開花までの日数は播種後84日前後。
  • 播種量
    畝幅40〜60cmの条まきで2〜4kg、バラまきで6〜8kg/10a。播種後、1〜2cmの覆土をして鎮圧する。
  • 施肥基準
    10a当たりチッソ10kg、リンサン10〜15kg、カリ10kg。苦土石灰100kgを施すと効果的。
  • すき込み方法
    チョッパーやハンマーモア・フレールモアなどで細断し、プラウやロータリーですき込む。作物が小さい場合や、柔らかい場合は、ロータリーでそのまますき込むこともできる。
ページトップへ↑