調べる

タキイの緑肥・景観作物

戻る

レープ
転換畑での景観用に適する!

    特性
  • 草丈が高く、よく繁茂する。耐寒・耐雪性が強い。
  • 秋まきした場合、春に美しい黄色の花をつける。景観用にも適する。
    用途
  • 水田裏作での緑肥用や景観用として利用。
  • 春または秋に美しい黄色の花をつけるので、景観用にも最適。
    栽培ポイント
  • 播種期
    9〜10月(開花3〜4月)。春まきの場合、ほとんど着花しない。
  • 播種量
    0.4〜0.6kg/10a。条まきかバラまきし、種子がかくれる程度に覆土をして鎮圧する。
  • 施肥基準
    10a当たりチッソ10〜15kg、リンサン4〜6kg、カリ6〜8kg。石灰を施してpH6〜7に矯正する。
  • すき込み方法
    チョッパーやハンマーモア・フレールモアなどで細断し、プラウやロータリーですき込む。作物が小さい場合や、柔らかい場合は、ロータリーでそのまますき込むこともできる。
ページトップへ↑