調べる

タキイの緑肥・景観作物

戻る

ライスター
耐倒伏性抜群。圃場の風除けに!

    特性
  • 極早生。暖地では、10月まきで4月上旬に出穂する。
  • 稈長は120cm位で、耐倒伏性が極めて強い。
    用途
  • 春の野菜・花苗定植時の風除けとして利用。
  • 塩類濃度が高い土壌や有機質の不足している畑に利用。
    栽培ポイント
  • 播種期
    中間地・暖地:3〜5月、9〜11月。
    冷涼地:5〜10月。
  • 播種量
    5〜6kg/10a。条まきかバラまきし、1cm程度の覆土をして鎮圧する。
  • 施肥基準
    10a当たりチッソ10kg、リンサン15kg、カリ12kg、苦土石灰100〜150kg。
  • すき込み方法
    チョッパーやハンマーモア・フレールモアなどで細断し、プラウやロータリーですき込む。作物が小さい場合や、柔らかい場合は、ロータリーでそのまますき込むこともできる。
ページトップへ↑