調べる

タキイの緑肥・景観作物

戻る

緑肥作物を取り入れた作付体系例
→拡大表示はこちら →拡大表示はこちら
緑肥利用における
注意事項
緑肥作物は腐熟期間が必要です。すき込み後、夏季で3〜4週間、冬季でそれより長い腐熟期間をおいて下さい。また、作付体系例以外にも産地や主作物により、適する緑肥がございます。目的にあった方法でご利用ください。
ページトップへ↑