調べる

タキイの緑肥・景観作物

戻る

ベールスーダン
ネコブセンチュウの密度抑制!

    特性
  • サツマイモネコブセンチュウやキタネコブセンチュウの密度を抑制する。
  • 草丈高く、茎葉はラッキーソルゴーよりさらに細い。耐倒伏性が強い。
  • 地下部(根重)が多く、吸肥力も強い。低温伸長性に優れる。
    用途
  • サツマイモネコブセンチュウおよびキタネコブセンチュウに汚染された畑に利用。
  • 塩類濃度が高い土壌や有機質の不足している畑に利用。
    栽培ポイント
  • 播種期
    4 〜 9 月上旬。日平均気温が15℃になったら播種できる。
  • 播種量
    4〜5kg/10a。条まきかバラまきし、1〜2cmの覆土をして鎮圧する。
  • 施肥基準
    10a当たりチッソ10〜12kg、リンサン12〜15kg、カリ7〜8kg。
  • すき込み方法
    トラクターなどで立毛のまますき込む。
    チョッパーで5cm位に細断し、生のまますき込む。
    細断したものを、2〜3日乾燥させてすき込む。
ベールスーダンのサツマイモネコブセンチュウ密度抑制
作物名 センチュウ数
播種前 中 間 収穫時 補正値
ベールスーダン 4.9 0.2 4.3 1.1
ギニアグラスナツカゼ 4.3 0 2.2 0.7
ナス 3.0 231.0 100.0
休耕区 9.6 0.7 3.3 0.4
平成9年:農林水産省農業研究センター
ページトップへ↑
いつでもスーダン
刈り取り適期広く、多収!

    特性
  • 晩生で出穂しにくく、収穫適期が広い。
  • 生育旺盛・多収で、吸肥力が高い。
  • 出穂期が遅いので、茎が硬くなりにくい。
    用途
  • 塩類濃度の高い土壌や有機物の不足している畑に利用。
ページトップへ↑