インフォメーション

2015.04.13
<タキイ種苗>消費税増税と家庭の食卓に関する調査― 消費税増税から1年 ―9割以上が「(食費に限らず)家計に影響を受けている」と実感さらに「増税後に食費を減らした」と全員(100%)が回答!!「消費税増税後も、食費を削らない食品」第1位は「米・パン・麺(53.0%)」、次いで第2位「野菜(43.4%)」、第3位「肉類(32.4%)」という結果に― 野菜のなかでも「増税後によく買う野菜」は、手頃な価格の「もやし(52.1%)」と「キャベツ(37.0%)」が上位に ―
タキイ種苗は、2014年4月1日の消費税8%への増税から約1年が経った今、「家庭の食卓」に関する意識はどう変化しているのかを調べるため、20〜50代の既婚女性219名を対象にアンケート調査を実施しました。

今回の調査では、まず、「消費税増税から約1年が経ちましたが、現在、家計に影響を受けていると思いますか」と聞いたところ、「受けている」との回答が9割(93.2%)を超えました。さらに、「消費税増税に伴い、食費を減らしましたか」との問いには、なんとすべての人が「減らした」(100%)と回答し、消費税増税は、家庭の食卓や家計に大きな影響を及ぼしていることが浮き彫りとなりました。
ほとんどの家庭で食費を削減している状況の中で、「消費税増税後でも、食費を削らない(いつもと変わらない)食品」について聞いてみると、やはり主食として欠かせない「米・パン・麺類(53.0%)」が第1位となりました。次いで第2位は「野菜類(43.4%)」、第3位は「肉類(32.4%)」、第4位は「魚類(23.3%)」と続きました。健康志向の高まりからか、「野菜類」に使う食費は減らさない家庭が多いようです。
そこで、「消費税増税後に、よく買うようになった野菜」を聞いてみたところ、第1位は「もやし(52.1%)」で半数以上を占めました。第2位は「キャベツ(37.0%)」となり、どちらも手頃な価格で手に入るのが人気の要因と思われます。以下、第3位「たまねぎ(26.5%)」、第4位「にんじん(23.3%)」、第5位「大根(21.9%)」、第6位「じゃがいも(20.5%)」、第7位「白菜(18.7%)」と続き、安価で定番、どんな料理にも汎用性の高い野菜が上位に並びました。
また「消費税増税によって食材の保存に関する意識は高まりましたか」との設問には、「高まった(36.5%)」・「やや高まった(46.5%)」を合わせて、8割以上の人が節約のために「食材の保存」を意識していることがわかりました。

これらの結果を受け、タキイ種苗では食卓において充実した食生活が送れるよう、お手軽な料理、野菜の保存の仕方についてご紹介し、豊かで彩りのある食卓を応援します。
<タキイ種苗 『大人(成人)の野菜摂取』に関する調査>
Q1. 消費税増税から約1年が経ちましたが、現在、 家計に影響を受けていると思いますか。(SA) <n=219>
「影響を受けている」との回答が9割以上となり、 増税が家計へ大きく影響を及ぼしていることが顕在化した。
Q2. あなたは消費税増税に伴い、食費を減らしましたか (SA) <n=219>
なんと100%の回答率で「減らした」と回答。 8%の増税が家庭の食卓事情を圧迫する結果が浮き彫りとなった。
Q3. 消費税増税後でも、食費を削らない(いつもと変わらない) 食品は何ですか (MA) <n=219>
半数以上が主食である「米・パン・麺」と回答。次いで、 「野菜類」が約40%を占め、健康志向が高まる中で、 副菜として「野菜」を重視する傾向にあることが明らかと なった。年代別に見ると、20代で「肉類」が高く、若年層 は増税後も肉料理への出費は惜しまない傾向がわかった。 また、40代では「果物」「米・パン・麺」の回答が比較的 多く、家族の栄養バランスに配慮していることが伺える 結果となった。
Q4. 消費税増税後に、よく買うようになった野菜を教えてください。 (MA) <n=219>
※上位20位までを抜粋
「もやし」と「キャベツ」の上位2品目は、季節を問わず安価に手に入る野菜。これらの野菜を活用した節約レシピが注目を集める可能性も。3位以下は、料理に欠かせない野菜がズラリ。食費節約のために、外食ではなく、家での食事を重視する家庭が増えていることが推察される。

Q5. 消費税増税によって食材の保存に関する意識は高まりましたか?(SA) <n=219>
「高まった」との回答が、実に8割を超えた。
増税で食材の価格が上がったことで、節約意識が強まる傾向に。
年代別に見ると、20代で「高まった」との回答が顕著で、過半数を占める結果となった。限られた生活費の中で、食材をやりくりする若い女性の苦労が垣間見える結果となった。
また今回フリーアンサーで回答を得た「消費税増税から1年が経ち、食に関する身の回りの変化はありますか?」については、
  特売で買えるものは特売を待つ
  野菜中心のメニューになった
  余すことなく使い切る
  食品保存のため、冷凍庫が常にいっぱいである
  などの意見が見られました。
【タキイ種苗 消費税増税と家庭の食卓に関する調査概要】
調査期間 2015年3月20日(金)〜3月22日(日)
調査方法 インターネット調査
調査対象者 全国在住の20〜50代の既婚女性
有効回答数 219サンプル
タキイ種苗おススメ <野菜を使ったレシピ>
*「消費税増税後に、よく買うようになった野菜」第2位&3位
春キャベツと豚肉のかさね蒸し
【春キャベツと豚肉のかさね蒸し】
[分量] 2人分 [調理時間] 20分 [カロリー] 1100 kcal
[材料] 春キャベツ1/4個 豚ばら肉スライス200g 本料理酒大さじ2  ポン酢大さじ3 ゴマ油小さじ1 塩 コショウ 七味  パセリ(それぞれ適宜)
[作り方] (1) 春キャベツは芯を残したまま縦半分に切る。葉と葉の間に豚肉を挟む。
  (2) 耐熱皿に1をのせ、本料理酒、塩、コショウをふる。ラップをして電子レンジ(500W)に6分かける。
  (3) (2)を器に盛り、ポン酢とゴマ油を混ぜてかける。七味、パセリをふる。

【タマネギ田楽】
タマネギ田楽
[分量] 2人分 [調理時間] 30分 [カロリー] 640 kcal
[材料] タマネギ小2個 ショウガ  サラダ油 ユズ 各適宜  そぼろ田楽味噌…合挽きミンチ50g 赤味噌大さじ4  砂糖大さじ4 みりん大さじ2
[作り方] (1) タマネギは皮をむき、十文字に切り込みを深く入れる。アルミ箔に包んで180度のオーブンで20分ほど焼く。ショウガはみじん切りにする。
  (2) フライパンにサラダ油を熱し、ショウガと田楽味噌のミンチを炒める。 ミンチがほぐれたら他の材料も加えて、とろりとするまで焦がさないように火を入れる。
  (3) 焼きあがったタマネギに田楽味噌をかけ、ユズをあしらう。
※その他の野菜を使ったレシピについては、以下のURLをご参照ください。
http://shop.takii.co.jp/CGI/shop/gardenstyle/recipe/index.cgi

タキイ種苗のご提案 <野菜の保存方法(例)>
*消費税増税後に、よく買うようになった野菜」第2位
  キャベツ
【初秋】
    ラップははがす
  キャベツが呼吸できなくなるので、買ってきたらラップは外すこと。ビニール袋に 入れ、口は軽く閉じて冷蔵庫へ。大きくてビニール袋に入らない時は、外側の葉で 包みます。
葉をはがして使う
  キャベツを丸ごと買ってきたら、二つに切ってしまわないこと。切り口から水分が抜け てしまいます。外側から1枚ずつ葉をはがして使います。
芯をくり抜く
  使い切れない時は、芯をくり抜き水を含ませたキッチンタオルを詰めておきます。 時々は水を含ませて、乾かないようにしてください。ビニール袋に入れて冷蔵庫で 保存すると2週間はもちます。
常温で保存するなら
  キャベツは収穫された後も、呼吸を続けています。 芯に切り込みを入れておくと、栄養が余分に消費されるのを防ぐことができます。
切って冷凍
  あらかじめ千切りやざく切りにして冷凍しておくと便利。切ったキャベツはザルにあげてよく水気を切り、ビニール袋か密閉容器に入れて冷凍します。使う時は、千切りのものはそのまま盛りつけ、ざく切りのものは冷凍したまま 加熱して利用します。
    その他の野菜の保存方法については、以下のURLをご参照ください。 http://www.takii.co.jp/tsk/hozon/index.html