インフォメーション

2019.04.05

「ファイトリッチ」野菜が、本格的に首都圏で販売開始!
プレミアム野菜「ファイトリッチ」が
東急ストアが運営する「Precceプレッセ」にて販売を開始

〜タキイ種苗は日本人の野菜摂取量の増加を目指し、健康的な生活を応援します〜

タキイ種苗が品種開発した、プレミアム野菜シリーズ「ファイトリッチ」が、大手スーパーの株式会社東急ストア(所在地:東京都目黒区、代表取締役社長:須田清)が展開する「食の専門館」Precce(以下、プレッセ)にて、販売が開始されました。

今回、提供される「ファイトリッチ」野菜のタネは、タキイ種苗が創業以来180年以上にわたり、各野菜のもととなる遺伝資源を収集しており、保有する(30万点以上の)遺伝資源をもとに交配を繰り返し、品種開発をしたものです。

プレッセは、ワンランクアップの品揃えとサービスで、「豊かな食生活」の提案と「快適なお買物空間」の提供を目指しています。今回、「ファイトリッチ」野菜のコンセプト・価値に理解いただき、販売につながりました。

「ファイトリッチ」は、2010年にシリーズ化しましたが、シリーズ全体の野菜を供給できる生産者は少なく、消費者が購入できる機会が限られていました。今回、京丹後ファイトリッチ生産部会、株式会社田園紳士をはじめ、生産→流通→販売の協力体制が整い、首都圏での本格的な販売につながりました。このことにより、多くの方に「ファイトリッチ」野菜のよさを知っていただく機会につながると考えています。

「ファイトリッチ」野菜イメージ

■販売概要

店舗:
プレッセ4店舗(プレッセ田園調布店、プレッセ中目黒店、プレッセ目黒店、プレッセプレミアム東京ミッドタウン店)
品種:
常時5〜8品種(旬のファイトリッチ野菜)

■「ファイトリッチ」とは

タキイ種苗が開発した、機能性成分を豊富に含む、おいしいプレミアム野菜シリーズです。リコピンやカロテン、アントシアニンなどは、植物由来の色素成分で、一般的に機能性成分と呼ばれています。約25年前に、「おいしさ」+「機能性成分(リコピン、カロテン、ケルセチンなど)」を含む野菜の研究を開始し、2010年に7品種からシリーズ化し、現在20品種で展開しています。

http://www.takii.co.jp/tsk/phytorich/