調べる

農園芸資材

タキイのおすすめ商品一覧

戻る

バイオダルマ
バイオコダルマ

安全でおいしい有機栽培野菜にチャレンジ!
 最近、輸入野菜の残留農薬問題や無登録農薬使用問題などが話題となり野菜の安全性に対する関心が非常に高まっています。家庭菜園を始める人の多くが、その動機として作物を育て収穫する喜びとともに、安全でおいしい野菜を得ることをあげておられます。
 プロの農家もいま減農薬・有機栽培に取り組む中で、さまざまな新しい資材を使い始めています。その中で今回ご紹介しますのが、有機栽培と健康な土づくりをサポートする有用微生物入り有機肥料「バイオダルマ」です。

バイオコダルマ
定評のある菌体特殊肥料「バイオダルマ」を顆粒状にして扱いやすい小袋包装に!菜園やプランターに適した使いきりサイズです。

バイオダルマとは?

こんな方はぜひバイオダルマを!
★無農薬・有機栽培に取り組みたい。
★肥料をきちんとやっているのにうまく作れない。
★長年使っている畑で、だんだんできが悪くなってきた。
★畑がかたく地力がなさそう。土づくりに取り組みたい。
★ナスやピーマン、トマトを秋まで長く収穫したい。
★グルメ指向。おいしい野菜を作りたい。

バイオダルマの使い方
育苗時

トレイやポット育苗では、培養土に約1.5%ほどを混合する。9cmポットで茶さじ軽く1杯くらい。肥料切れが起こりにくく、しっかりした軸の太い苗ができます。

 

植え付け・直接播種の時

畝たて時に一坪(3.3平方m)あたり2L(約1.5kg)をまいてすき込みます。不足する肥料を補うため、発酵油かすまたは、有機質配合肥料を一坪あたり2握り(約150g)土を砕きながら混ぜ込みます。(ただし、油かすや有機肥料は少なくとも2週間前に施します。すぐ植え付け・播種すると根傷みをおこします。やむを得ずすぐの場合は、有機質肥料は施さず、化学肥料を一握り混ぜ込みます。)
 
プランター・鉢植えに
培養土の使用量に対し、バイオダルマ2〜3%を目安として混合する。650型の標準プランターで、バイオダルマ50mL(40g)くらいです。元肥・追肥にお使いください(作物により不足する肥料分は補ってください)。バイオダルマを使用することにより、古いプランターの土もよみがえります。
 
今年は「バイオダルマ」で、有機栽培のおいしい野菜作りにチャレンジしてみませんか?

成分分析表



お問い合わせは、種苗店または弊社へお願いいたします。
タキイ種苗株式会社 資材部 
(代表)075-365-0123


バイオダルマ
バイオコダルマ

こちらの商品は通販で取り扱っています

チラシはこちら
pdfファイル バイオダルマ (519KB)
pdfファイル バイオコダルマ (445KB)
チラシはこちら

関連する過去の記事はこちら
  2008年はなとやさい11月号15〜
  2005年野菜号6月号46〜
  2005年野菜号3月号17〜
  2004年野菜号7月号31〜
  2003年野菜号3月号31〜
  2003年花号4月号19〜