品質へのこだわり

高品質種子

戻る

タキイの目指す高品質種子とは・・・

タキイの高品質種子とは、『お客様のご要望やご期待の見合う種子』と考えています。
 「一斉に発芽し、病虫害に侵されていない健康な種子」であることはもとより、「まかれた種子が良質な苗となり、目的通りの優れた品種特性を発揮してお客様が期待されたとおりの収穫が迎えられること」、これらの条件を備えた種子がタキイが販売する種子です。

農家の方々や、家庭菜園を楽しまれる方、園芸愛好家の方々など、それぞれのお客様が求めるご要望は多岐多様ですが、それらのご要望やご期待に誠実に答え、お客様より更なるご信頼をいただくことが、種苗メーカーとしての喜びと考えます。

これらのご要望やご期待にお答えすべく、タキイでは発芽検査室を始め、病気の検査を行う病理検査室、苗の立ち上がり具合を調べる成苗検査室、きちんと求められる特性が種子に備わっているか、最新鋭のDNA技術やタンパクレベルで調べる生化学検査室や、収穫物までの調査を行う青果検定等、細心の注意を払って様々な品質の確認と向上を目指し業務を行い、いずれの検査にも合格したお客様にご満足いただける優良種子の供給を行っております。

試験所の検査の質を保証する面では、2005年12月、種子品質の国際専門機関となる、国際種子検査協会(ISTA)の認証を取得しました。現在、発芽検査、種子純潔検査、含水率検査やサンプリング検査で信頼度高い認証を頂いており、ISTA認証試験所のみに許された国際的にも認知された公式証明書の発行が行えるようになりました。

タキイの高い育種力に加えて、検査の質の向上に努力と品質保証を行うシステムの運用により、お客様の多様なご要望にお答えできる高品質種子の供給を目指してまいります。