HOME > 卒業生

卒業生

1947年の設立から70年、本校が輩出してきた卒業生は3,300名を越えます。その多くが農業自営や農業関連企業で活躍し、わが国の農業振興を支えています。このように農業の第一線で活躍する卒業生たちは「青葉会」という同窓会組織を結成し、情報交換をはじめとする活動を全国各地で展開しています。


若松 航洋

若松 航洋 北海道伊達市(葉菜類栽培) 埼玉県出身(2014年度 園芸本科卒、2015年度 園芸専攻科卒)
タキイ園芸専門学校で学んだことは精神力です。これは農業においても、生きていくうえでも、とても大切なことだと思います。長靴で走ることも忘れてはいません。同期生や、卒業した大先輩方とは今でも深い関係を築いています。私は卒業後、埼玉県から北海道伊達市に移住しました。ここで農家になるために日々精進し、新規就農を目指しています。これから先、何十年もタキイ魂で農業をやっていきたいと思います。

御子神 裕樹

御子神 裕樹 自営(トマト、食用菜の花栽培) 千葉県出身(2013年度 園芸本科卒、2014年度 園芸専攻科卒)
私がタキイ園芸専門学校に入学したのは、実習を通じて農業の基礎知識などを学ぶことができる他、私の父がここの卒業生ということもあり、入学を決心しました。この専門学校の特長は基礎知識を学ぶだけでなく、寮生活などを通じて様々な体験ができることです。私は卒業後、海外農業研修に参加しましたが、そこでもこの学校で学んだことが役に立ちました。ここで習得したことは、これから農業をしていくうえで大事な土台となっています。皆さんもぜひ入学してみてください。

大木 光太

大木 光太 タキイ種苗(株)研究農場勤務(根菜担当) 鹿児島県出身(2014年度 園芸本科卒、2015年度園芸専攻科卒)
タキイ園芸専門学校では、農業に必要な「健康的な心身」・「体力」・「専門的な知識」、そしてなにより現場で生かせる「技術」を身につけることができます。寮生活・実習・勉強の三本柱の下、365日農業漬けの毎日の中で、全国各地から集まった寮生と生活し、かけがえのない仲間がたくさんできました。私はタキイ研究農場で仕事をしながら、後輩たちが日々成長していくのを見ていますが、しんどくてもみんな楽しそうに実習をこなしています。この学校は、農業を志す人なら一度は見学に来てもらいたいと思います。そして、ぜひ入学してみてください。

根井 一樹

根井 一樹 JAみやざき 田野営農センター勤務(営農指導員) 宮崎県出身(2009年度 園芸本科卒、2010年度園芸専攻科卒)
私がタキイ園芸専門学校に入学を決意したのは、農業についての知識を学び、現在勤務している会社の営農指導員(園芸)になりたいという思いがあったからです。この学校での2年間は私の中で人生のターニングポイントだと思っています。他の学校では学べない農業知識や技術を学べるだけではなく、全国各地に日々を共にした仲間ができ、今でも相談できる場員さんや、お世話になった先生方に出会えたことが私の中の誇りであり大切な宝物です。学校で学んだことが今の職場でも生かされていると日々感じています。皆さんも是非、タキイ園芸専門学校に入って貴重な体験をしてみてはいかがでしょうか。

上原 英之

上原 英之 農業法人しものファーム勤務(コマツナ栽培) 大阪府出身(2012年度 園芸本科卒、2013年度 園芸専攻科卒)
私にとって農業への第一歩は、タキイ園芸専門学校でした。最初は体の使い方や、道具の名前もわからない状態でしたが、毎日の実習で、自分が思う以上に成長でき、現在の自信に繋がっています。そして、今もなお負けん気とやる気を与えてくれる仲間もできました。ぜひ皆さんも、将来の糧になるものが得られると思いますので、第一歩を踏み出し、肌で感じてみてください。

地域別卒業生

卒業生の進路

青葉会 総会 青葉会 総会
6年ごとに京都で開催され全国の卒業生が集う「青葉会 総会」