調べる

野菜

病害虫・生理障害

戻る

カボチャ

病名から選択 メニュー

◎ウイルスによる病害(V)

◎細菌による病害(B)

◎糸状菌(かび)による病害(F)

カボチャ褐斑細菌病

データ作成年月日:2017/1/20

写真1(AK)

▲葉身、水孔部からの感染状況

写真2(AK)

▲葉身、水孔部からの感染状況

症状(診断)

 葉・果実に発生する。葉では、初め周縁に黄色のクマをともなう黒褐色の小円形斑点を生じ、次第に拡大融合して角型の大型病斑となる。病勢の進展とともに褐色となり、中心部から破れる。特に風雨にさらされると、破れ傘状に枯れ上がる。
 果実では、ヤニを吹く黄色小斑点から、後に黄緑色のクマをともなう褐色の大型かいよう病斑となる。露地栽培では、激発圃場で果実に発生するが、施設栽培では、葉にほとんど発生の見られない圃場でも果実に発生が見られる。

発生の仕組み

 病原:細菌 ザントモナス キャンペストリス pv. ククルビテ
 第一次伝染源は被害作物残さと種子上で生存した病原細菌である。降雨により伝搬するので、施設栽培ではほとんど問題にならない。露地栽培では、4月末から5月に発生し始め、やや低温で、多雨の梅雨期に蔓延する。盛夏の乾燥で停滞するが、秋季の朝夕の冷え込みにともなう結露、秋の長雨、台風にともなう風雨によって再び多発する。

防ぎ方

 種子消毒済みの種子を用いる。
 薬剤防除(野菜類褐斑細菌病):コサイドボルドー、Zボルドーが利用できる。

ご注意

文中に記述のある農薬の登録内容は、すべて上記データ製作日時点のものです。ご使用に際しては、必ず登録の有無と使用方法(使用時期、使用回数、希釈倍数、処理量など)をご確認ください。

農薬登録のない薬剤を使用したり、登録条件以外の使用をすることは、農薬取締法で禁止されておりますので、生産物の商品性や産地としての信用を著しく損なう恐れがあります。また、生産者の健康被害に対する配慮も肝要です。

農薬の適用の対象や使用基準など、登録の内容は時期や地域によって異なります。間違った使用をされますと、効果がないばかりか作物に薬害を生じる恐れもあります。

本文の記述には万全を期しておりますが、使用農薬の選択および使用方法につきましては、お近くの種苗専門店や農協、公共の指導機関などにご確認の上、使用される農薬の注意書きをよく読んでお使いくださるようお願い申し上げます。

病害虫の診断は、判断が非常に難しい場合があります。詳しくは、農協または公共の指導機関にご相談ください。