調べる

野菜

病害虫・生理障害

戻る

ホウレンソウ

病名から選択 メニュー

◎ウイルスによる病害(V)

◎細菌による病害(B)

◎糸状菌(かび)による病害(F)

ホウレンソウべと病

データ作成年月日:2017/12/31

写真1(HK)

▲多湿条件下の葉の症状。かびが密生する

写真2(HK)

▲葉表の症状

写真3(HK)

▲葉裏の症状

症状(診断)

 葉に発生する。子葉あるいは成葉の表面に青白色ないし黄色の境界不鮮明な小斑点を生じ、次第に拡大して淡黄色ないし淡紅色不整形の病斑となり、さらには葉の大部分が淡黄色になって、枯死する。一方、病斑の裏面には、ネズミ色ないし灰紫色粉状のかび(胞子)を生じる。展開した下位葉に発生することが多い。
 幼苗期に侵されると枯死し乾燥して、株が消失することがある。秋に発病した株が冬季にはいったん病斑が消失したようになるが、病株は翌春になって萎縮し、奇形を呈する。

発生の仕組み

 病原:糸状菌(かび) ペロノスポラ エフサ
 ホウレンソウのみを侵す。
 病原菌は純寄生菌(人工培養ができない。生きた宿主植物体から栄養を吸収してのみ生活できる菌)である。病原菌は葉の組織中で繁殖し、葉上に胞子を形成、風などで飛散して伝染する。胞子は水滴があると発芽し、葉の組織に侵入する。
 最適感染温度は8〜18℃である。肥料切れや草勢の衰えた時に発生が多い。
 秋まき栽培では、晩秋の生育後期になってからの発生が多い。
 第一次伝染源として種子伝染は重要なので、種子消毒済みの種子を使用すべきである。
 ホウレンソウを周年栽培する圃場の場合には、土壌伝染の可能性も大きい。

防ぎ方

 種子伝染の可能性があり、健全な種子を使うこと、また、種子消毒済みの種子や、ネーキッド種子を利用するのがよい。春および秋季のべと病被害の多い時期には抵抗性品種を利用するとよい。チッソ過多や密植栽培は被害を助長する。防除は初発時からの徹底防除が必要。
 常発地では、播種前にリドミル粒剤2を処理後播種する。また発生圃場では、ライメイフロアブル、ランマンフロアブル、レーバスフロアブル、ピシロックフロアブル、アリエッティ水和剤を散布する。

ご注意

文中に記述のある農薬の登録内容は、すべて上記データ製作日時点のものです。ご使用に際しては、必ず登録の有無と使用方法(使用時期、使用回数、希釈倍数、処理量など)をご確認ください。

農薬登録のない薬剤を使用したり、登録条件以外の使用をすることは、農薬取締法で禁止されておりますので、生産物の商品性や産地としての信用を著しく損なう恐れがあります。また、生産者の健康被害に対する配慮も肝要です。

農薬の適用の対象や使用基準など、登録の内容は時期や地域によって異なります。間違った使用をされますと、効果がないばかりか作物に薬害を生じる恐れもあります。

本文の記述には万全を期しておりますが、使用農薬の選択および使用方法につきましては、お近くの種苗専門店や農協、公共の指導機関などにご確認の上、使用される農薬の注意書きをよく読んでお使いくださるようお願い申し上げます。

病害虫の診断は、判断が非常に難しい場合があります。詳しくは、農協または公共の指導機関にご相談ください。