調べる

野菜

病害虫・生理障害

戻る

トマト

トマト青枯病

データ作成年月日:2017/1/20

写真1(HK)

▲地上部の症状

写真2(TM)

▲被害圃場の様相

写真3(HK)

▲維管束の褐変

症状(診断)

 典型的な高温期の病害であり、露地では梅雨明けごろ、施設では早い場合は春から発生する。初め全身の茎葉が、晴天の日中に一斉にしおれ、夜間には戻る状態を数日間繰り返して、やがて戻らなくなる。ほかの萎凋性病害の場合には、病勢の進行が遅く茎葉が黄化するのと異なり、病勢の進行が速く、茎葉は黄化することなく緑色を保ってしおれるところから「青枯病」の病名がついた。しおれた茎葉は後に褐変、枯死する。萎凋した茎の地際部の維菅束は褐変しているが萎凋病ほど鮮明ではない。茎の維菅束の切り口からは、押さえるとうみ状の病原細菌泥が出る。切り口を水中に入れると細菌泥は筋状に流れ出るので、萎凋病など糸状菌による萎凋性病害と識別できる。

発生の仕組み

 病原:細菌 ラルストニア ソラナセラム
 トマトのほか、ナス・ピーマン・タバコ・ジャガイモ・キュウリ・ダイコン・ダリア・マリーゴールドなどを侵して宿主範囲は広く、また病原性の違う系統が存在することが分かっている。
 病原細菌は典型的土壌伝染性病原菌であって、前作の被害作物残さ中で長期(2〜3年)間生存し、芽かき・摘芯・移植・中耕など管理作業でできた、傷口から感染する。感染後は、導管内で増殖し、植物は萎凋、枯死する。降雨、潅漑など土壌中の水の移動によって伝搬する。

防ぎ方

 本病原菌は土壌伝染性病原菌で、ナス科作物のほか、シソ・キュウリ・ダリアなど多くの作物を侵す多犯性の病原菌である。被害の根部とともに土壌中に残り、伝染源となる。被害残さを除去することが重要である。耐病性台木(Bバリア、グリーンフォース、グリーンセーブなど)を用いた接ぎ木栽培で被害が軽減できる。
 発病圃場では芽かきなどの管理作業に注意する。ハサミ・ナイフなどから伝染するので消毒する。
 土壌消毒剤として、トマト、ミニトマトにクロルピクリンくん蒸剤(クロールピクリン、クロルピクリン錠剤)、バスアミド微粒剤が利用できる。

 注.2003年の改正農薬取締法施行に伴い、「トマト」と「ミニトマト(直径3cm以下のもの)」とは、農薬登録にかかる薬効・薬害の取り扱い上、別個の作物分類に属することになりました。したがって、「トマト」に登録のある農薬を「ミニトマト」に使用される場合は、予め「ミニトマト」に対する登録の有無をご確認ください。

ご注意

文中に記述のある農薬の登録内容は、すべて上記データ製作日時点のものです。ご使用に際しては、必ず登録の有無と使用方法(使用時期、使用回数、希釈倍数、処理量など)をご確認ください。

農薬登録のない薬剤を使用したり、登録条件以外の使用をすることは、農薬取締法で禁止されておりますので、生産物の商品性や産地としての信用を著しく損なう恐れがあります。また、生産者の健康被害に対する配慮も肝要です。

農薬の適用の対象や使用基準など、登録の内容は時期や地域によって異なります。間違った使用をされますと、効果がないばかりか作物に薬害を生じる恐れもあります。

本文の記述には万全を期しておりますが、使用農薬の選択および使用方法につきましては、お近くの種苗専門店や農協、公共の指導機関などにご確認の上、使用される農薬の注意書きをよく読んでお使いくださるようお願い申し上げます。

病害虫の診断は、判断が非常に難しい場合があります。詳しくは、農協または公共の指導機関にご相談ください。