調べる

野菜

病害虫・生理障害

戻る

トマト

徒長苗

データ作成年月日:2003/02/03

写真1

症状

写真1の左端は徒長苗。上位葉の生育が旺盛で、苗の姿が逆三角形になっている。右端は老化苗、中央が望ましい苗の姿。
徒長苗は、茎や葉柄が徒長し、草丈も高い徒長した苗。根が少なく、花の素質が不良で、落蕾、落果、空洞果が発生しやすい。

原因

高温、日照不足の上にチッソや潅水が多いと徒長苗になる。

診断法

先端ほど葉が大きく、逆三角形の草姿を示す。

対策

植え方や潅水のやり方を注意しないと、植え傷みを招く。その結果、落蕾、落果、さらには果実の肥大不良を誘発する。

ご注意

生理障害は、一般には肥料要素の欠乏または過剰により発生しますが、その原因に関しては、単純にその要素のみが欠乏または過剰の場合以外にも、他の肥料要素の多少が影響して起こる場合や、土質やpHなどの土壌条件が影響する場合、温度や水分など気象条件が影響する場合など、さまざまな環境条件が重なって発生している場合が多く、簡単には特定できないことが多々あります。

従って、その対策を講じる場合は、土壌分析を行うなど圃場の土壌条件を把握した上で行うようお願いします。

また、症状が生理障害に類似した病虫害もあり、生理障害との区別が難しい場合があります。詳しくは、農協や公共の指導機関にご相談ください。