どこでも誰でも手軽でカンタン!袋で野菜をつくろう!<緑のカーテンも栽培できる!>

  • HOME>
  • 袋栽培でつくれる野菜

袋栽培でつくれる野菜

ご紹介する内容は筆者が京都教育大附属幼稚園で教材として実施した袋栽培の記録です。
タキイ種苗の袋栽培用培養土「そのまんま」シリーズの「そのまんまトマト畑」「そのまんま野菜畑」を使って、春まき野菜で1作目、終了後は同じ袋を再利用し夏秋まきで2作目、さらには翌春3作目までを解説しています。もちろん1作目で終わるもよし、秋からスタートもよし。教材としてお考えの先生方は、新学期のスタートや夏休みのスケジュールにあわせて活用されればいいでしょう。もちろんご家庭でもおすすめです。ベランダ・軒下菜園なら思いついた時がはじめ時、さあ、スタートしましょう!

季節に応じ、つくりたい野菜を選んでください。より詳しい説明が出てきます。
なお、収穫が終わった袋栽培用の袋と培養土は、適切な処置をし、追肥をすることにより再利用もできます。
→ 再利用の仕方を見る

春からの野菜  3作目

カリフラワー、キャベツ、ミブナ、ハクサイなどを栽培してきた袋は、これらを収穫した後、さらに3作目の野菜の栽培に用いることができましたので報告します。3作目の野菜として、サツマイモ、ラッカセイ、キュウリを選んで栽培しました。
野菜のほか、草花のアサガオ、グラジオラス、ガーベラなどの栽培も行ってみました。

サツマイモ
キュウリ
ラッカセイ
草花